世界で64番目の釣りバカ、行っきま~す!| 赤ワインのアウトドア日記

*

世界で64番目の釣りバカ、行っきま~す!

公開日: : 最終更新日:2013/12/13 多目釣り(釣行記)

釣りバカの赤ワインです。

今日もブログを読んでいただいてありがとうございます。

ところで、アナタは広いインターネットの世界から
どうやって僕のブログにたどり着きましたか?

このブログを見てくれた皆さんが
どんなキーワードで検索して、
ぼくのブログにたどり着いたのか、
googleのアクセス解析を見ると分かるんですが…。

どうやら「世界の釣りバカ」で検索して、
ぼくのブログにたどり着いた人がいる模様。

試しにgoogleで検索してみると、
確かに64番目に、このブログの記事が出てきた!(2013年12月4日現在)

これは…「google公認 世界で64番目に釣りバカなブログ」
と認定されたと思っていいんでしょうか?

いいんですよね?

じゃあ、今日も世界1位の釣りバカブログ目指して、
行ってみましょうか!

あ、でも、やっぱりこの人にはかなわないんです。

ga1

この人は、本当に世界一かもしれない釣りバカです。

情熱大陸でも特集された怪魚ハンター小塚拓矢さん。

僕が彼の事を知ったのは、2010年。

我が家のすぐ近くを流れている、僕にとっては非常に身近な川
「呑川」で、アリゲーターガーが釣れた…という新聞記事を見て。

(※アリゲーターガー…
ワニのような顔が特徴の世界でも最大級の肉食魚。
大きいものは体長が3メートルになる)

すぐにアリゲーターガーを釣ったという彼に話を聞いてみたくなって、連絡を取り、
取材したことを覚えています。

(その時のブログ記事はこちら

彼は、いい意味でとても変態的な釣り人で、
東南アジアやアフリカなど、世界中で怪魚を追いかけています。

詳しいことは、彼の本『怪物狩り』に書いてあるので、ぜひご覧を。

ただ、3年前、この本を読んだ時には、
まさか彼と同じ魚を自分が追い求めることになろうとは
思ってもいませんでした。

そう、東京海底谷に潜む深海魚です。

IMGP6429

こちらは、「週刊 日本の魚釣り」という雑誌の
2013年11月27日号。

いろいろなジャンルで発行されている「分冊百科」の1つで、
毎号集めると、
日本の魚釣りのすべてを網羅した魚釣りの大百科が完成するそうですが、
既にこの号で164号。

いったい日本にはどれだけの種類の釣りがあるのかと思ってしまいますが、
この号の特集は、今僕らが挑んでいる「深海釣り」です!

しかも、この本の深海釣り特集で、
深海釣りのパイオニアとして紹介されているのは、
怪魚ハンターの小塚さん。

確かに深海は怪魚の宝庫。

しかも、狙っている場所は、東京海底谷、
ターゲットは、ゴブリンシャークと、
まさに僕らのチャレンジと一緒なんです。

この特集では、小塚拓矢さんたちが、
試行錯誤して編み出した
深海釣りのエサのつけ方から誘い方まで丁寧に解説されています。

まだ1回深海釣りに行っただけで、
試行錯誤をしている段階の僕らにとっては、
参考なる情報ばかり。

特に、僕らが2kgのオモリをつけていたのとは逆に、
僕らの半分以下の150号~250号のオモリを使っていて、
アタリをとることを重視しているのが印象的でした。

この雑誌に書かれていた深海釣りの魅力は…

この釣りはまだチャレンジする人も少ないので、
ポイント選び、道具選び、エサ選びも釣り人次第で、
深海魚の生態をイメージしながら推理して、
的中して釣れたら、大きな感動を味わえる

…とのこと。

全くその通りだなぁと。

さてさて、そんな深海釣り、
実は、今日、これから第2回のチャレンジに行ってきます!!

果たして、今回はどんな魚と出会えるのか?

報告をお楽しみに!

↓↓コメント、いいね!お願いします☆関連記事、オススメギアもチェック♪↓↓

広告336

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです

ブログの更新情報はこちらでも配信しています

赤ワインおすすめギア&ブック

RICOH 防水デジタルカメラ RICOH WG-4GPS

アウトドアには必ず持っていく一番の相棒は、 PENTAXの防水コンパクトデジカメ「WG2」です。

レビューを読む

キャンパーズコレクション「スタイルワンアクションテーブル」

僕がキャンプやBBQで愛用していて、 皆から「これいいね!」とよく言われるのが、このテーブルです。

レビューを読む

SOTO いぶし処 燻製用脱水シート 4枚入り

魚がたくさん釣れたときは、一夜干しにして冷凍しておくに限ります! (特にアジ、ニジマスなど)

レビューを読む

関連記事

高級魚!相模湾の天然ヒラメを釣って食べたい!

赤ワインです。 美味しいヒラメが釣りたくて…やっと行ってきました! 「深海バスタ

記事を読む

多摩川の手長エビ釣り情報~2015シーズン開幕間近か?!~

赤ワインです。 もうすぐ多摩川に美味しくて楽しいアイツがやってきます! テナガエビです。

記事を読む

新年初船釣り「アマダイ釣り」@庄治郎丸

赤ワインです。 2014年最初の船釣りとして僕が選んだのはアマダイ! アマダイ釣りで

記事を読む

Comment

  1. 平坂寛 より:

    赤ワインさま

    はじめまして。
    「週刊 日本の魚釣り」11月27日号で東京海底谷の記事を執筆しました平坂と申します。

    「東京海底谷 釣り」というワードで検索してこちらのブログへたどり着きました。

    まず、記事をお読みいただきありがとうございます。
    海底谷開拓を志し、実践されている方に読んでいただけてありがたい限りです。

    私自身もまだ見ぬ深海魚を求めて東京海底谷に通っており、ようやくああいった記事として形にできるまでになりました。

    ですが、日本中を探しても継続的に挑んでいる釣り人がほんの数人しかいない釣りです。
    仕掛けからポイント、協力していただける釣り船に至るまで、あまりに情報が得にくい現状をじれったく思っていたところでした。

    今後も赤ワインさまが深海へのチャレンジを続けていただけたら、その釣果をこのブログ等で報告していただけたら、一釣り人として一読者としてとてもうれしいです。

    同じ趣向を持つ者として大いに期待しております。

    長々と失礼いたしました。

    何かありましたらメールアドレスの方へお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告336


  • アウトドア遊び人「赤ワイン」として
    アウトドア雑誌やWEBの編集・ライター・フォトグラファー、
    アウトドアイベントのプロデュースを手掛ける。
    FMラジオのディレクターとして
    FMヨコハマのアウトドア番組「The Burn」を
    立ち上げから9年半担当し、アウトドア業界に転身。
    得意ジャンルは、釣り、キャンプ、登山、アウトドア料理。
    多目釣りで今までに240種以上を釣り上げ
    アウトドア雑誌GARVYにて「旬魚大全」連載中。

代々木公園で日本最大級のアウトドアイベント「OUTDOORDAY JAPAN」開催!

赤ワインです。 都会のオアシス代々木公園に最新のテント、クルマ、

今年も始まった!乗っ込みマダイを鯛ラバで狙う!観音崎沖シーカヤックで。

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの

今年はカヤックやSUPで水上からお花見!都心や横浜で楽しめるツアーを紹介

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの

正露丸のあの匂い…実は焚き火の匂いだった!?焚き火臭くなった上着から知った真実にビックリ。

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの

自分で割った薪で焚き火をしたり、ピザを焼いたり…「薪割クラブ」参加レポート

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの


PAGE TOP ↑