赤ワインのアウトドア日記

釣り、キャンプ、登山、カヤック…。アウトドアライター赤ワインがお届けする楽しいアウトドア情報

アウトドアにまつわるエトセトラ

目黒川をじゃぶじゃぶ歩く!冒険家:八幡暁さんのイベントに参加

投稿日:

赤ワインです。

あけましておめでとうございます。

2015年もどうぞ「赤ワインのアウトドア日記」をよろしくお願いします!

皆さんは初日の出を見ることはできましたか?

僕は、初日の出を近所の目黒川で見るためにこんなイベントに参加しました。

冒険家:八幡暁さんと目黒川を歩く

IMGP0439

冒険家の八幡暁(やはた・さとる)さん。

「海とともに暮らす人々は、どのように生きているのか」

それを探るために、
オーストラリアから日本までの多島海域を中心に
シーカヤックで世界中の旅している冒険家です。

そんな八幡暁さんのプロジェクト「WWW」。

WWWと言ってもWorld Wide Webではありません。

World Water Wellness

つまり、地球上の水の健康

地球は、ネットでつながっているのではなく、
健康な水でつながっている

それを身近なところから考えていこう、というプロジェクトです。

WWWは、「ワクワクワク」の略でもあると語っていました。

「身の丈+10センチの冒険を」と提案している八幡さんらしいですよね。

そんなWWWが1つの企画として行っているのが、
じゃぶじゃぶと川を歩くイベント「じゃぶじゃぶ」。

川は身近な場所ではありますが、
都会では普段、川で遊ぶ機会はありません。

そんな川にじゃぶじゃぶと足を入れてみることで
ワクワクすることや、何か感じるものがあるのではないか?

また、世界につながっている身近な川をキレイにすることも目的の1つ。

ゆくゆくは、近くて遠い存在の都会の川が、
子供たちが遊べる場所として整備されていけば…
という八幡さんの思いもあってのイベントです。

目黒川でじゃぶじゃぶ!

今回の「じゃぶじゃぶ」は、
元旦に、身近な川「目黒川」を歩きます。

IMGP0429

天気が良ければ、ちょうど川の下流方向から昇る初日の出が見られる予定です。

元旦に目黒川に集まったメンバーはおよそ20人。

20150101

目黒川と言えば、桜並木が有名で、
昨年末にはクリスマスのイルミネーション「青の洞窟」でも話題になりました。

三面をコンクリートで囲まれたいわゆる三面護岸で典型的な都会河川です。

IMGP0439

川に足を踏み入れてみると、この日の水位は深いところでも膝くらい。

IMGP0430

それほど冷たくもなく、むしろぬるく感じるくらい。

水は思ったよりも綺麗で、
歩いていても嫌な臭いがすることもありません。

晴天時には、目黒川への排水の流入はほとんどなく、
護岸からしみだす水や湧水が水源となっていたそうですが、
水が枯渇しがちなため処理場から高度に浄化した水を流すことで、
水量が安定して、底生動物も増えてきたそうです。

ゴミを拾って綺麗にすることも目的の一つなんですが、
思ったよりもゴミも少なく、
1kmほど歩いて拾ったゴミはこれくらいでした。

IMGP0445

ゴミを探しながら、魚も探したんですが(むしろこっちが本命?笑)
残念なことに魚を見かけることはありませんでした。

以前、横浜の住宅街を流れる川で、
清流にしかいない絶滅危惧種ギバチを釣った話を書きましたが、
その川は「低水路」と呼ばれる自然を尊重した改修になっていて、
コンクリートの二面護岸によって一段低くなった内側は、
川の脇にしっかり緑が広がっていました。

川にはそれぞれの事情もあるかと思いますが、
三面護岸から低水路にすることで、
もっと魚が戻ってくる可能性もあるのではないでしょうか。

ちなみに、朝6:50頃には東の空が雲に覆われていたため、
初日の出は見ることができませんでした。

その後、雲をかき分けて太陽があがってくると、
みんなで東の空を見上げ、
新しい年を明るく照らすまばゆい光と温かさに
すがすがしい気持ちになった2015年元日となりました。

IMGP0447

広告336

広告336

発売中

-アウトドアにまつわるエトセトラ

Copyright© 赤ワインのアウトドア日記 , 2017 All Rights Reserved.