赤ワインのアウトドア日記

釣り、キャンプ、登山、カヤック…。アウトドアライター赤ワインがお届けする楽しいアウトドア情報

登山

氷瀑・氷柱・氷の神殿!見渡せばすべて絶景!雲竜渓谷トレッキングツアー

投稿日:

赤ワインです。

FMヨコハマ「The Burn」のDJ井手大介を中心に、
山好きミュージシャン、アウトドアメーカー有志などで結成した「ザバーン登山部」で
氷の大絶景が楽しめる日光の「雲竜渓谷トレッキングツアー」に行って来ました!

DSC_0123

目指す雲竜渓谷は…

雲竜渓谷は、世界遺産「日光東照宮」の奥、
女峰山のふもと、標高1400m地点にあります。

DSC_0141

山に囲まれて日照時間が一日数時間しかないので、
真冬になると、幅100mの氷壁や高さ10m以上の氷柱、
滝全体が真っ白に凍結する「氷瀑(ひょうばく)」や氷の神殿など
渓谷が作り出す氷の造形美が楽しめる人気スポットです。

DSC_0137

…とまぁ、文章にしてしまえばこんな感じなんですが、
正直、予想以上の迫力があり、自然の神秘を感じるスポットでした。

案内してくれたのは、
日光・鬼怒川・那須の大自然を舞台に、
カヌー・トレッキング・スノーシューなどのツアーを行っている
ネイチャープラネット」の皆さんです。

DSC_0017

日光東照宮から車で3.5kmほど行ったところにある林道ゲートからスタートです。

今回は、平日ということもあって林道ゲートまで車で行けたんですが、
土日の場合は、駐車車両が多くて林道ゲートまで車で行くことができないことも多いほど
人気スポットのようです。

いよいよコース距離約10km、時間にして6時間半のトレッキングツアーのスタートです!

DSC_0008

林道をトレッキング

まずは、ウォーミングアップの長い林道歩きからスタート。

DSC_0024

ここを歩いている限りでは、この先の氷の景色は想像もできません。

が、まずはわいわい話しながら進みます。

DSC_0036

この日ガイドをしてくれた3人のうちの1人岩田京子さん(写真右)は、
エベレスト登山隊のサポートとしてベースキャンプにいたことがあるそうなんですが、
5000mを超えるベースキャンプでの食事の話、
標高の高さが人体に与える影響の話、
エベレストの入山料がウン百万円だとか、
そんな話で盛り上がりました。

アイゼンを装着!今回のトレッキング装備

途中、稲荷川展望台での休憩をはさんで、さらに林道を歩くと洞門岩という場所に到着。

ここからは沢沿いのコースと、林道コースの2つに分かれますが、
僕らが進むのは沢沿いのコース。

ここから先は雪が多く、凍っている場所もあるため、
ここで金属製の爪が付いた「アイゼン」を登山靴に装着します。

DSC_0023

さらに、靴の中に雪が入ったり、アイゼンの爪でズボンに穴が開かないように
登山用のスパッツも装着します。

さて、ここで、今回のツアーに必要な装備を紹介します。

DSC_0179

頭にはヘルメット。

巨大なツララがもし落ちてきたら…。絶対着用しましょう。

僕はスノーボード用のものを使いました。

紫外線対策でサングラスもした方がいいです。

手には、ストック。川を安全に渡るために必要です。

足は、アイゼン・スパッツ。

ザックは30Lくらいで十分。

休憩中に寒いので防寒着は入れておきましょう。

水は、お湯と水をそれぞれ保温の水筒に入れて持っていくのがオススメ。

アイゼン、ストック、ヘルメットはネイチャープラネットでレンタルもあります。

さて、洞門岩の下を覗くと…

DSC_0019

裸になった木々の奥に、氷瀑が見えるではないですか!

雲竜渓谷の氷瀑はもっとすごいのか…早く見てみたくなります。

沢を渡りながらトレッキング

さて、ここからしばらく進むと…

DSC_0044

だんだん今までの林道とは景色が変わってきます。

DSC_0055

沢沿いを歩いて行き、沢を渡るポイントもちらほら出て来ます。

DSC_0049

ストックを使ってしっかり「三点確保」をした上で
足を岩に運んで、沢を越えて行きます。

DSC_0064

何度も沢を渡りながら進んでい行くと…

DSC_0063

早川谷という地点で立派な氷瀑に遭遇!

DSC_0065

氷が青白くて神秘的です。

DSC_0079

肉眼で見るともっと青いんですが、写真だとちょっと白っぽく見えますね。

DSC_0002

ザバーン登山部みんな写真撮影に夢中になっています。

撮影タイムを終えて、さらに少し進んでいきます。

雲竜渓谷へ!

DSC_0012

いよいよ雲竜渓谷の入渓口に到着。

っていうか、まだ雲竜渓谷の入り口にも来てなかったんですね。

既にこんなに景色がすごいのですが、この先、これ以上の絶景が待ち受けているのでしょうか?

ザバーン登山部一行は、
凍った階段を慎重に降りて、いよいよ雲竜渓谷へと入って行きます。

DSC_0014_2

途中いくつかの渡渉ポイントを進んで行くと…

DSC_0106

氷のシャレコウベ!?発見。

こちらは何に見えますか?

DSC_0132

僕には、クラゲがいっぱいいるように見えました。

ここからは、目に入る全てに驚かされます。

DSC_0017_2

まるでツララのカーテン!

DSC_0119

さすがモデルでもあるだけに、絵になる井手くん。

ちなみに、こんなふうに写真が撮れるのは平日だから。

土日に行けば人が多くて、こんな写真はなかなか撮れないんだとか。

DSC_0171

ほんとにどこを見ても絶景で、
手が冷たいんですが、どんどんシャッターを切ってしまいます。

DSC_0126

かつては仲間の心配をする余裕もないほど厳しい谷で、
通るのが大変だったことから「友知らず」と呼ばれている場所で記念撮影!

DSC_0123

さらに進むと今度は…

DSC_0137

「燕岩」というポイントに到着。

DSC_0136

ここでもまた記念撮影(笑)

いったいどれだけ写真を撮れば気が済むのか(笑)

いやいや、それだけ景色がすごいんです!

ちなみにこの近くでは…

DSC_0168

アイスクライミングをしている人たちも発見!

DSC_0169

かなり怖そうです…。

さらにもう少し進むと…
ついに、雲竜滝が凍った「雲竜瀑」に到着!

DSC_0164

シーズンの終盤(2月9日)なので少しスケールダウンしてしまっているそうで、
すごい時はこの何倍ものサイズになるんだそうです。

DSC_0045

今回のツアーでは、ここでランチを楽しんで、折り返しとなります。

絶景をバックにランチタイム

土日休日などは人が多過ぎて、この場所でゆっくりランチすることはできないそうですが、
この日は平日で比較的空いていたので、
絶景をバックにランチを楽しみます!

DSC_0161

あと30分で太陽が山に隠れて急激に寒くなってくるということで、
急いでランチの準備をします。

今回の僕のランチは…

DSC_0152

「おでん」。

今回は、日帰りトレッキングで装備が軽いので、
ランチには重いレトルトおでんをチョイス。

さらに、ぜいたくに丸ごとトマトと高野豆腐もトッピングして、
ぐつぐつと煮たてました。

DSC_0159

ここまでは歩いてきたので体も温かかったですが、
休憩してランチタイムにすると一気に体が冷えてきます。

これだけの氷瀑が育つだけあって
素手だと手が冷たすぎて痛いくらい。

各々おでんやラーメンで温まったら、
日が暮れる前に帰るため、帰路につきました。

DSC_0489

氷瀑ツアー詳細

今回僕たちが参加したネイチャープラネットの氷瀑ツアーは、
毎年1月下旬~2月中旬の短い期間だけの開催なので、
残念ながら今シーズンは既に終了してしまいました。

この絶景はお勧めなので、ぜひ来シーズン行ってみてください!

できることなら平日にお休みをとって行くことをお勧めします!

広告336

広告336

発売中

-登山

Copyright© 赤ワインのアウトドア日記 , 2017 All Rights Reserved.