軽さも寝心地も譲れない!超軽量コットHelinox「ライトコット」| 赤ワインのアウトドア日記

*

軽さも寝心地も譲れない!超軽量コットHelinox「ライトコット」

公開日: : 最終更新日:2015/03/19 レコメンド(アウトドアギア&ブック)

赤ワインです。

キャンプで快適に眠れてますか?

僕は、キャンプや登山ではエアーマットで寝ているんですが、
軽くて薄いタイプを使っているので、
体が痛くて夜中に何度も起きてしまうことがあります。

キャンプで熟睡できたことはないかもしれません。

なので、エアーマットよりも快適なコット(簡易ベッド)が欲しいんですが、
通常7~8kgと重くて収納サイズも大きいのと、
逆に軽いものはとても高価だったりで、今まで手が出ませんでした。

が、そんな僕にピッタリな超軽量コットが発売されました!

LiteCot_3_480

展示会で試作品を見て一目惚れ。

早く発売して欲しい!と思っていたHelinoxの超軽量コット「ライトコット」です!

重さわずか1200g

がんばれば山に持っていくことも可能なサイズ。

Helinoxがイスに続いてコットでも革命を起こしそうです。

詳しく紹介していきましょう。

Helinoxとは…

Helinoxといえば、
軽量をウリにしたテントのほとんどが採用している
超高力アルミポールを製造する「DAC社」のキャンプファニチャーブランド。

chairone_480

テントポールで培った超高力アルミの技術を応用した「チェアワン」は、
チェアにも超高力アルミポールを使うことで、
今までのディレクターチェア型の椅子にはなかった構造を採用していて、
片手で楽々もてるほどの超軽量・コンパクトを実現。

さらに、座り心地の良さ、見た目の良さもあって、
空前の大ヒットとなりました。

今後、タープやテントも出すのでは…と噂されている注目のブランドです。

コットワンもいいけれど…

そのHelinoxが超高力アルミの技術を応用して作ったコットが、
既に発売中の軽量コット「コットワン」。

cotone_480

従来のアウトドアコットは重さが7~8kgでしたが、
コットワンは、超高力アルミポールを使うことで
2100gという軽量、コンパクト設計。

さらに、脚の部分のジョイントがテコの原理を使ったシステムになっていて、
少ない力でパンッと生地を張れるのが魅力です。

キャンプでの寝心地にこだわるキャンパーには既に人気となっているコットですが…
ネックなのが値段が3万3000円もすること。

輸入代理店が小川キャンパルからモンベルに変わって
だいぶ値段が下がったのですが、
テントが買える値段と考えるとまだまだ手が出しにくい値段です。

ところが、コットワンよりもサイズを小さくして軽量化した
超軽量コット「ライトコット」が比較的買いやすい値段で発売されました!

超軽量コット「ライトコット」

LiteCot_3_480

コットワンをやや小さくして、構造をシンプルにしたことで、
重さは、コットワンよりもさらに900g軽い、わずか1200g!!

(コットワンは、幅68cm長さ190cm。ライトコットは、幅60cm長さ185cm)

4本ある脚を1本減らして3本で使うことも可能で、
そうなると、さらに軽くなります。

Lite Cot_13_480

その場合は、中2つの脚を外して、そのうちの1本をコットのちょうど真ん中に装着します。

しかも値段もコットワンよりも安い2万5000円(税抜)。

キャンプでの睡眠にこだわりたいという人にとっては、
一気に検討できる範囲内に入ってきたのではないでしょうか?

超軽量コットというと、LuxuryLite UltraLite Cotもあります。

A(C)Earl Harper

こちらは1240gなので、ほぼ同じ重さです。

収納サイズでは、LuxuryLite UltraLite Cotが直径13cm長さ41cmなのに対して、
ライトコットは、直径13cmで長さ53cmなので少し大きくなっています。

LiteCot_Case_480

ただ、コットの寝心地を左右するのが生地のテンション(張り具合)や生地の質感、
セッティングのしやすさで考えるとHelinoxのライトコットに軍配が上がりそう。

LiteCot_4_480

ライトコットは軽量化のため、
コットワンで採用されていた、脚の部分のジョイントシステムが採用されていません。

そのため生地のテンションではコットワンには及びませんが、
それでも十分なテンションは確保されています。

耐荷重も120kgまでOKです。

これで地面のゴツゴツも関係なく安眠ができます。

それから、地面と背中の間に空間があって熱がこもりにくいので、
夏のキャンプも快適になりそうですね!

↓↓コメント、いいね!お願いします☆関連記事、オススメギアもチェック♪↓↓

広告336

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです

ブログの更新情報はこちらでも配信しています

赤ワインおすすめギア&ブック

倒れてもこぼれない一輪挿し BOTTLY TOP bijou

赤ワインです。 僕がキャンプに持って行くといつも皆に「なにそれ?」と聞かれるオススメアイテムを

レビューを読む

SOTO マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター

登山を始めてからずっと欲しかったガスバーナー SOTOの「ウインドマスター」を手に入れました!

レビューを読む

釣魚1400種図鑑 海水魚・淡水魚完全見分けガイド

釣りに行く時の必需品は、「お魚図鑑」。 僕は100種類の魚を釣る100目チャレンジで 「多目

レビューを読む

関連記事

アウトドアで熱々の緑茶を!冷めないサーモスの保温湯呑み!

赤ワインです。 冬の寒い時期のキャンプでは、 焚火と温かい飲み物が手放せませんね! 夜

記事を読む

美味しい魚を逃さない!釣り人に絶対オススメ!お魚図鑑

釣りに行く時の必需品は、「お魚図鑑」。 僕は100種類の魚を釣る100目チャレンジで 「多目

記事を読む

これがお気に入り!船釣りに必須の防水バッグ「Stream Trail」

赤ワインです。 最近、船釣り用に買った防水バッグが とても気に入っているので、皆さんにも紹介

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告336


  • アウトドア遊び人「赤ワイン」として
    アウトドア雑誌やWEBの編集・ライター・フォトグラファー、
    アウトドアイベントのプロデュースを手掛ける。
    FMラジオのディレクターとして
    FMヨコハマのアウトドア番組「The Burn」を
    立ち上げから9年半担当し、アウトドア業界に転身。
    得意ジャンルは、釣り、キャンプ、登山、アウトドア料理。
    多目釣りで今までに240種以上を釣り上げ
    アウトドア雑誌GARVYにて「旬魚大全」連載中。

代々木公園で日本最大級のアウトドアイベント「OUTDOORDAY JAPAN」開催!

赤ワインです。 都会のオアシス代々木公園に最新のテント、クルマ、

今年も始まった!乗っ込みマダイを鯛ラバで狙う!観音崎沖シーカヤックで。

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの

今年はカヤックやSUPで水上からお花見!都心や横浜で楽しめるツアーを紹介

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの

正露丸のあの匂い…実は焚き火の匂いだった!?焚き火臭くなった上着から知った真実にビックリ。

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの

自分で割った薪で焚き火をしたり、ピザを焼いたり…「薪割クラブ」参加レポート

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの


PAGE TOP ↑