富山でホタルイカすくい!ホタルイカの身投げ!ホタルイカ三昧のキャンプを楽しむ| 赤ワインのアウトドア日記

*

富山でホタルイカすくい!ホタルイカの身投げ!ホタルイカ三昧のキャンプを楽しむ

赤ワインです。

酢味噌和えや、パスタで美味しいホタルイカ。

ホタルイカがビーチですくい放題のフィーバー状態になる!?

…そんな夢のような話があるんです!

ビーチでホタルイカが網ですくえちゃう!?

DSC_2305

それは、3月から5月にかけて、富山でだけ起こる現象です。

ホタルイカは普段、水深約200〜600mの深海に生息しています。

そのホタルイカが、毎年3月から5月にかけて、夜になると産卵のため海岸近くまで大群となって押し寄せてくるのです。

そして、海岸へと打ち上げられ、青白い光を放つ現象「ホタルイカの身投げ」を見ることができるそうなんです。

ネットで調べてみるといろいろ写真を見つけることができますが、例えばこんな写真

とても幻想的ですよね。

しかも海岸に押し寄せてくるので、ビーチで簡単にホタルイカを「すくう」ことができちゃうのだとか。

しかし、この「ホタルイカの身投げ」は、3月~5月の期間中であればいつでも見られるわけではありません。

ホタルイカの身投げはまだまだ未解明の部分が多いそうですが、経験上、次の条件がそろったときに出会える確率が高くなると言われています。

・新月前後の日
・深夜から未明にかけて満潮になる日
・晴れていて海中がきれいな日
・南よりの風が吹いている日
・波が穏やかな日

自分のスケジュールを確認しながら、月齢カレンダーもチェックしてみると…
なんと近々、新月の日にスケジュールが空いているではありませんか!!

2015年4月18日(土)は新月で、満潮は深夜3時。

あとは、天気が良くなり、南よりの風が吹いて、波が穏やかであれば完璧!

これは実際に行って体験しなくては!!

…というわけで、東京から車で6時間。

交代で運転しながら富山へと車を走らせました。

いざ富山へ!ホタルイカすくいキャンプ

向かった先は、富山県の「浜黒崎キャンプ場」。

DSC_2633

キャンプ場の目の前には砂浜が広がり、海の向こうに立山連峰の景観が広がる景勝地。

DSC_2645

この海岸でも、条件がそろえばホタルイカの身投げが見られると言います。

僕らが今夜宿泊するテントサイトは、このビーチの目の前の松並木の中にあります。

DSC_2711

いざホタルイカ出現!となれば、ビーチに30秒で駆けつけられる距離です。

DSC_2257

目の前にあるビーチに今夜ホタルイカがやってくる…そう思うと、日が暮れるとともに、期待に胸が膨らんできます。

ホタルイカすくいの装備

ホタルイカがやってくるのは夜中。

まだ時間があるので、ホタルイカすくいの装備を揃えに地元の釣具店「上州屋 富山千代田店」へ。

DSC_2262

入るやいなやホタルイカコーナーがどーん!

そして、このコーナーには、ひっきりなしにお客さんがやってきては、網などを買っていきます。

週に1回は釣具屋さんに通う僕ですが、正直、ここまでにぎわっている釣具屋さんは今まで見たことありません!!

ホタルイカすくい…どうやら地元では激アツな遊びのようです。

ホタルイカすくいに必要なアイテムは以下のとおり。

*ウェーダー(腰より上のものがオススメ)
*ライフジャケット
*ヘッドライト(200ルーメン以上がオススメ)
*目の細かな専用の網
*ザルとバケツ
*クーラーボックス

ちなみに、こんなものも発見。

DSC_2281

どうやら、この時期は、「ホタルイカルアー」でクロダイが釣れるんだとか。富山ならではの釣り方ですね。

それにしても、ホタルイカすくいのライバルがクロダイだったとは…。

地元の名店「きときと寿し」でホタルイカ!

上州屋で装備を揃えてもまだまだホタルイカがやってくるまで時間があります。

そこで、上州屋のスタッフに教えてもらった地元の回転寿司チェーン「きときと寿し」へ!

DSC_2290

「きときと」というのは富山の方言で「新鮮な」という意味だそう。

さすが地元の釣り人がうまいというだけあって、ネタの種類が豊富な上にどれも絶品!

しかも値段もリーズナブルで、ノドグロなどの高級ネタも含めてお腹いっぱい食べても3000円くらいでした。

DSC_2296

もちろんホタルイカも食べました。

めちゃめちゃ旨かった!!

ついにホタルイカが現れる!?

きときと寿しで腹ごしらえを終えた僕たちは、再び浜黒崎キャンプ場へ。

ホタルイカが現れやすいとされる深夜12時過ぎ。

風も強くなく、波も穏やか。

これは、ホタルイカ、期待できそうです。

浜辺へと向かうと、既にホタルイカすくいの人たちがたくさん!

DSC_2602

僕らも網を持って海へ入り、ヘッドライトで水面を照らしながら探していると…

DSC_2417

ん!?

DSC_2351

なんだ、このオレンジの物体は…

DSC_2497

ホタルイカだっ!

動きはあまり早くありません。

ゆっくりとスイッ、スイッと泳いでいます。

網を海に入れ…

DSC_2381

簡単にすくえちゃいました。

DSC_2305

写真では分かりにくいですが、 すくった瞬間、2本の食腕の先端が青白く光るんです!!

DSC_2426

がんばって写真に写そうと試みたんですが…

DSC_2438

DSC_2459

なかなか難しい…。

まるでLEDのような色に光って、とても幻想的なんです。

DSC_2414

ホタルイカを見つけるコツがわかってくると、こんなにすくえちゃいます。

ホタルイカが掬い放題!というのは、あながちウソじゃなかったみたいです。

DSC_2555

その後も、深夜2時過ぎまでホタルイカをすくい続けて…

DSC_2627

こんなにたくさん獲れちゃいました。

ちなみに、ホタルイカが大量に浜に押し寄せる現象を 「ホタルイカの身投げ」といいますが…

DSC_2405

こうなってしまうと、ホタルイカが砂を噛んでしまうので、食べても砂ジャリジャリで美味しくありません。

そして、砂浜に打ち上げられる前に、皆が必死にすくったので、今回は身投げでビーチが青白く光る幻想的な景色は見ることができませんでした。

翌朝はホタルイカ三昧!

ホタルイカを十分に捕獲した僕らは、睡眠をとって、翌朝、新鮮なホタルイカを頂きました!

いくら新鮮なホタルイカと言っても、ホタルイカには寄生虫がいる可能性が高いので、生食は避けたほうがいいそうです。

DSC_2661

下ごしらえとして、ざっくり洗ったホタルイカの目とくちばしをとります。

魚の骨抜きを使うとやりやすいです。

DSC_2669

そして、さっとボイルして…

DSC_2681

定番の「酢味噌和え」。

DSC_2650

にんにくと一緒にオリーブオイルで煮るだけで簡単にできるアヒージョ。

これが大好評でした。

さらには…

DSC_2690

網で掬ったら、生きているうちに沖漬けのタレにいれたホタルイカを…

DSC_2699

昆布の上で焼いていただきます。

濃厚な肝とからめて食べるとうまい!!

楽しくて美味しいホタルイカキャンプ。

これは、毎年恒例にしたいほどでした!!

ホタルイカすくいの注意点

最後に、このブログを読んでホタルイカすくいに興味を持った皆さんにお願いです。

*夜の海岸は暗くて危険です。波で足をとられることもあります。必ずライフジャケットを着用してください!

*深夜に大声で騒いだり、立ち入り禁止の場所(漁港など)に入ったり、浜辺で焚火をしたり、路上駐車したり、近隣住民の方の迷惑になる行為は絶対にやめてください!

↓↓コメント、いいね!お願いします☆関連記事、オススメギアもチェック♪↓↓

広告336

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです

ブログの更新情報はこちらでも配信しています

赤ワインおすすめギア&ブック

SOTO マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター

登山を始めてからずっと欲しかったガスバーナー SOTOの「ウインドマスター」を手に入れました!

レビューを読む

ケリーケトル スカウト1.1L ステンレス

アイルランド生まれの燃焼器具「ケリーケトル」。 小枝や松ぼっくりなど、 その辺に落ちている自

レビューを読む

ソーラー式ランタン solar puff ソーラーパフ

赤ワインです。 軽くて、コンパクトに折りたためて、電池がいらなくて、オシャレなソーラー式LED

レビューを読む

関連記事

カワハギ大漁旗のスマホカバーが完成

赤ワインです。 カワハギ大漁旗のスマホカバーが完成しました! なぜスマホカバーを

記事を読む

美味しい!「生イチゴシロップ」を手作りしてみた!

赤ワインです。 あるブログで苺から手づくりシロップを作っているのを発見。 とても美味しそ

記事を読む

三浦海岸の隠れ家的ビーチ「胴網海岸」が海開き!

赤ワインです。 プライベートビーチのような隠れ家的ビーチ、 三浦半島、油壺の胴網海岸が 昨

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告336


  • アウトドア遊び人「赤ワイン」として
    アウトドア雑誌やWEBの編集・ライター・フォトグラファー、
    アウトドアイベントのプロデュースを手掛ける。
    FMラジオのディレクターとして
    FMヨコハマのアウトドア番組「The Burn」を
    立ち上げから9年半担当し、アウトドア業界に転身。
    得意ジャンルは、釣り、キャンプ、登山、アウトドア料理。
    多目釣りで今までに240種以上を釣り上げ
    アウトドア雑誌GARVYにて「旬魚大全」連載中。

代々木公園で日本最大級のアウトドアイベント「OUTDOORDAY JAPAN」開催!

赤ワインです。 都会のオアシス代々木公園に最新のテント、クルマ、

今年も始まった!乗っ込みマダイを鯛ラバで狙う!観音崎沖シーカヤックで。

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの

今年はカヤックやSUPで水上からお花見!都心や横浜で楽しめるツアーを紹介

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの

正露丸のあの匂い…実は焚き火の匂いだった!?焚き火臭くなった上着から知った真実にビックリ。

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの

自分で割った薪で焚き火をしたり、ピザを焼いたり…「薪割クラブ」参加レポート

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの


PAGE TOP ↑