赤ワインのアウトドア日記

釣り、キャンプ、登山、カヤック…。アウトドアライター赤ワインがお届けする楽しいアウトドア情報

アウトドアにまつわるエトセトラ

楽しかった!OUTDOORDAY JAPAN札幌!

投稿日:

札幌が楽しすぎて、体重計に乗るのが怖い赤ワインです。

毎年春に東京の代々木公園で開催されている 日本最大級のアウトドアイベント「OUTDOOR DAY JAPAN」が、初めて札幌でも開催されました!

DSC_4497

2015年6月20日(土)21日(日)、会場は札幌のど真ん中!北3条広場(アカプラ)&道庁赤レンガ庁舎前庭。

DSC_4539

赤レンガ庁舎とアカプラは隣り合っている場所なんですが、2ヵ所をぶち抜きでイベントが開催されるのは、この「アウトドアデイ ジャパン 札幌」が初めてなんだそうです。

2日間、お天気にも恵まれまして、入場者数は…
6月20日(土):11,160人
6月21日(日):14,478人
合計 25,638人 (実行委員会調べ)

実行委員会スタッフの一員として、ご来場いただいた皆様、ご出展いただいた皆様に、心から御礼申し上げます。

今回もスタッフとしての参加だったので、会場をゆっくり見ることはできなかったのですが、僕が駆け足で見た感じをそのまま紹介したいと思います。

まずはアウトドアメーカーブースをチェック

アカプラの入り口に近い場所で、「イベントの顔」として素晴らしい雰囲気づくりをしてくれていたのがこのメーカー。

DSC_4405

COLEMANです!

こちらは70年代のオアシステントのリバイバルモデル。インナーは綿素材。一言でいえば、往年のアメ車のような雰囲気を持ったテントですよね。

DSC_4406

テントの中も青系で統一されたおしゃれなキャンプ空間になっていました。

たぶん僕の部屋よりも快適そうです笑。

続いて、最近よくお世話になっているロゴスのブースでは、こんなアイテムを発見!!

DSC_4400

家の中で建てられるキッズ用のミニティピーテントです。

小さな子どもの基地にも使えるし、ワンちゃん、ネコちゃんのリラックススペースにもぴったり。
テントの中に、子供用のテントを立ててあげるなんていう使い方もいいですね!

ユニフレームのブースでは…

DSC_4475

珈琲焙煎器を発見!

これは!発売されるという噂は聞いていましたが「焚き火ロースター」ですね。

焚火で焙煎できるように持ち手が長いのが特徴で、バーナーで使う時には、短くもできるんです。しかも、ご丁寧に持ち運ぶときには、持ち手を折りたたむこともできるという…。

これは買いですよ。

アウトドアギアをお買い得価格で販売しているメーカーブースもありました。

DSC_4503

キャプテンスタッフのアウトレットコーナーで発見したのは、さすが北海道!なこんなアイテム。

そしてTENT FACTORYのブースでは…

DSC_4440

仕事中にも関わらず、欲しかったアイテムが安くなっていたので、思わず買ってしまいました!何を買ったのかは、この後紹介します。

アクティビティ&ワークショップも充実!

アウトドアデイでは、アクティビティやワークショップも充実しています。

DSC_4477

天体望遠鏡、双眼鏡でお馴染みのVixenのブースでは、手作り望遠鏡ワークショップが行われていました。倍率3倍の望遠鏡を組み立て、折り紙やシールを貼ってデコレーション。自分だけのオリジナル望遠鏡が作れちゃう!

DSC_4427

NACニセコアドベンチャーセンターのブースでは、特設プールでラフトボート体験!

2日間とも暑かったので気持ちよさそう!ぜひニセコでも体験してみたいですね。

DSC_4537

北海道のアウトドアショップ「秀岳荘」のアクティビティゾーンでは、キッズ向けのボルダリングに…

DSC_4484

綱渡り感覚で遊べるスラックラインや…

DSC_4516

折りたたみ自転車の試乗も…

って、あれ?イラストレーターのこいしゆうかさんじゃないですか!

「この自転車すごくいいよ~赤ワインさんも乗ってみなよ~」。

DSC_4518

え~!こんなに小っちゃくなっちゃうの?

CARRY ME」という自転車だそうです。

小さくても乗りやすいタイヤ、非常にコンパクトに折りたためる構造、持ち運びに便利なホイールなど、よくできてます。

キャンプに持っていくには良さそうですね。

そして、僕がイベント中に一番行ってしまったのが…

DSC_4480

ハイジ牧場のウサギふれあいコーナー。

うさぎちゃんがまた全然人に懐かない!笑

エサをあげたいんですが、折り重なって小屋に潜っちゃって…。

だんだん慣れてきて、小屋から出てきたので、撫でてみたら噛まれちゃいました笑

ライブステージをプロデュース

そして、代々木に続いて札幌でもライブステージのプロデュースをやらせていただきました。

自然の中で音楽を聴くのってとても気持ちがいいですよね。

キャンプのリラックス感とか、昂揚感とか、ワクワク感とか、一体感とか…
そういったものを増幅してくれるのが音楽の良さです。

DSC_4533

赤レンガ庁舎の目の前の特設ステージテント。

場所は、札幌の中心部ですが、この場でキャンプの楽しさを思い出してもらえるようなそんなステージを目指してライブをプロデュースしています。

今回は、初めての場所ということで、いろいろ手探りの中でのライブでしたが、いろいろな方の協力でなんとか形になりました。

出演してくれたのは…

DSC_4519

北海道釧路市出身。
小さいころからキャンプをはじめアウトドア全般が好きな城太郎さん。

この夏は、北海道のキャンプ場を巡るツアーも行うそうで、キャンプ場で偶然城太郎さんに会えたらラッキーですね

DSC_4461

北海道島牧村出身の旅するシンガーソングライター中田雅史さん。

出身地の島牧村の良さをいろいろ教えてくれて、かなり行ってみたくなりました。

海のアメマス釣り発祥の地であり、天然の炭酸水ドラゴンウォーターが湧いて、全国から面白い人が続々と集まってきている村…。

DSC_4445

そして、ダッチ三兄弟…じゃなかった、miya takehiroさん。

元々Natural Recordsというバンドのボーカルだったmiyaさん。

バンドではライブを見たことがあったんですが、ソロは初。

ソロはウクレレ片手に素敵なライブでした。

DSC_4535

そうそう。

実は、TENT FACTORYのブースでテーブルが安かったので買っちゃったんです。

焚火で料理する時とか、熱くなったダッチオーブンのフタを置いたりするのに便利だし、コーヒーの焙煎をするときには、木のテーブルだと燃えながら飛び散る薄皮で焦げてしまうので鉄のテーブルが欲しかったんです。

でも、最初の出番はキャンプではなく…ライブのアンプ置きでした笑

さて、今回のアウトドアデイジャパン札幌。

初めての地方開催となりましたが、来年再来年と、スタッフの一員として盛り上げていければと思っています!

来年もお楽しみに!

広告336

広告336

発売中

-アウトドアにまつわるエトセトラ

Copyright© 赤ワインのアウトドア日記 , 2017 All Rights Reserved.