キャンプイベント「Feel Earth 2015」でアウトドアカレー王決定戦に参戦!| 赤ワインのアウトドア日記

*

キャンプイベント「Feel Earth 2015」でアウトドアカレー王決定戦に参戦!

公開日: : アウトドアイベント情報

赤ワインです。

キャンプフェス「Feel Earth」で開催されている人気イベント「アウトドアカレー王決定戦」に参戦してきました!

いつもは見ている側だったカレー対決に、アウトドアでカレーを作らない僕がどう挑んだのか?!

アウトドアカレー王決定戦とは…

エイ出版が発行しているアウトドアフリーマガジン『フィールドライフ』の人気連載「だれでもキャンプ料理の王様」の特別公開企画として、毎年Feel Earthで行われている人気イベント。

2014

腕に自信を持つ、我こそはカレー王という選ばれた挑戦者が、2時間という制限時間の中、来場者の目の前でアウトドアカレーを作って、その味を競い合います。

舌の肥えた審査員はもちろん、一般参加者のキャンパーも審査に参加してキングが選ばれます。

今回は、過去3連覇を果たしているチュンチュンこと小雀陣二さんを王座から引きずりおろすことができるのか注目が集まっています。

カレー王を目指す6人のチャレンジャー

打倒チュンチュン(小雀さん)のために集まった5人のハンターたち。

curry1

写真の左から…

水道橋のアウトドアカフェ&バー「BASE CAMP」のA-sukeさん(助手はイラストレーターこいっち)

アウトドアパーティー集団KIPPISの加納陽さん(助手はカメラマンの猪俣さん)

ぼくアウトドアライター赤ワインはFMヨコハマのアウトドア番組「The Burn」のDJ井手くんを誘って、ザバーン焚火部として参加

奈良県宇陀市からやってきたBBQの達人:笹岡義史さん

冒険集団N.A.P.のアウトドアプロモーター大木ハカセさん

そして、写真では、MCの河合桂馬さんの後ろに隠れてしまっている「雀家」店主でアウトドアコーディネーターの小雀陣二さんを加えた6組で競います。

僕は小雀陣二さんに推薦して頂いて出場することになったんですが、もちろん出るからには打倒チュンチュンです!笑

焚火部スタイルのカレーを作ろう!

今回のカレー対決に出場が決まってから、どんなカレーを作るか悩みました。

自分で釣った魚を使ったカレー?
ダッチオーブンで豪快に丸鶏を使ったカレー?
…皆と違うカレーを作ろうと、凝ったカレーを考えるほどしっくりこない。

そうだ!僕らは焚火部だ!原点に返って、とにかく焚火を楽しもう!ついでに簡単に美味しく料理ができたら最高じゃないか!これこそ焚火部スタイル。みんなに焚火の楽しさを伝えていこうじゃないか!

僕ら焚火部のキャンプの楽しみ方をそのままこのカレー対決にも持ち込もう!と思ったらどんどんアイデアが湧いてきました。

IMG_2469

料理は全て焚火で作る。しかも、2人でゆる~く火を囲みながら簡単に楽しくできるもの。

そうだ、焚火と言えば焼き芋だ。これでサラダを作ろう。

カレーは…アウトドアでカレーを作らない僕が唯一作ったことがあるのが、中山千賀子先生に教わったキーマカレー。天国にいる千賀子先生への感謝の気持ちも込めてキーマカレーにしよう。ただのキーマカレーじゃつまらないから、グリーンカレー風味のキーマカレーでどうだ!?

調理開始!

ステージ上でのメンバー紹介などがあった後、いよいよ制限時間2時間の調理がスタート!

2時間あれば余裕で作れる簡単メニューにしたから、さくっと作ってあとはローチェアで火を囲んでまったりしよう…なんて思っていたら、大きな誤算が発生!なんと雨の影響で薪が濡れていて、なかなか焚火が育たない

IMG_2476

打倒チュンチュン!とか言っておきながら、小雀さんにナタを借りて、火が付きやすいように薪を細かくする始末(笑)この辺りがまた安定の焚火部クオリティーでもあります(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

焚火係&焼き芋係は、井手くん。必死に火を育てます。

curry10

そして、焼き芋を投入!さらに、また火を育てる…けっこう忙しい。

僕はカレー係です。

IMG_2484

人が集まってきて仲良くなれるのも焚火の魅力。僕らの焚火キッチンには、小学2年生の女の子がずっと張り付いていて、「絶対優勝できるよ!」と応援してくれました。いおちゃん、ありがとう。

IMG_2485

焼き芋が焼きあがりました。黄金色にホクホクに焼きあがって、思わず味見して笑顔になる井手君。あ~やっぱり焚火って楽しい。

正直、焚火で料理するなんてコンテスト向きじゃないです。火の調節は大変だし、その時々のコンディションで調理時間も変わるし。失敗なんてしょっちゅうだし、なんとか工夫してリカバーしたり、「これもアウトドアの味だよね」と自分に言い聞かせて食べたりするわけです(笑)だからこそ、焼き芋ひとつでも上手くできたときは嬉しいんです。

そうそう、このカレー対決には「サプライズ食材」というものがあって、当日発表される地元食材を必ず使わなくてはいけないのです。今回は、6種類のジャムからそれぞれのチームが選んだジャム。ぼくらは、かりんジャムです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これはきっと焼き芋と相性がいいだろうということで、予定していた「焼き芋のメープルマスタードサラダ」を急きょ「かりんジャムサラダ」に変更。

IMG_2496

ここは井手くんに任せます。

そして、時間ぎりぎりで僕のカレーも出来上がりました!

IMG_2503

焚火部のグリーンキーマカレー&焼き芋のかりんジャムサラダ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これが完成メニューです。

カレーは、グリーンカレーペーストで味付けしたキーマカレーに、パクチーをたっぷりトッピング。さらに、グラノーラをのせると甘みとサクサク食感のアクセントが加わって、相性抜群なのだ!

焼き芋のかりんジャムサラダは、辛めのカレーを食べた後にぴったりな甘めのデザートサラダ。

出来上がった2品を持って、ステージで4名の審査員にプレゼンへ。

IMG_2507

ステージに上がる前の緊張の面持ちを、ザバーンディレクターの辰巳君が撮影していました。

curry4

ステージに上がれば、言いたいことは山ほどあります。

今回は、焚火だけで作ったこと、楽しみながら作れる料理を目指したこと、意外な食材の組み合わせが驚きの美味しさだということを力説してます。

この後、審査員の朝比奈ランドネ編集長から質問が。

「過去も含めてキーマカレーを作った人はいなかったんですが、それは制限時間内に水分を飛ばしきれないから。その辺はどうですか?」

さすがに鋭い質問です。

IMG_2487

煮込めばいい普通のカレーと違って、キーマカレーは水分を飛ばさなくてはいけなくて、これだけの量をつくるとなかなか大変なことなのです。

それは予想していたので、水分がたっぷり出る玉ねぎの量を減らし、代わりに筍とズッキーニを使ったのです。

さて、プレゼンが終わったところで、一般審査員の方の試食がスタート。

IMG_2518

IMG_2520

審査員の持ち点に一般審査員の投票を加算して、「キング オブ アウトドアカレー」が決定します。

IMG_2517

嬉しいことに僕らのカレーが美味しい!とおかわりしてくれる人もいました。

IMG_2524

果たしてどのカレーが王座に就いたのでしょうか?

決定!キングオブカレー

いよいよ結果発表で、ステージ上に集まった挑戦者たち。

curry11

緊張の瞬間を迎えようといていますが、みんな緊張というよりも楽しそうな雰囲気ですね。

まず発表されたのは、プリンスオブカレー=2位です。

2位に輝いたのは…

curry12

まさかの小雀陣二さんでした!!

小雀さんのカレー食べたんですけど、すごい美味しくてこれはまた優勝では?と思っていたんですが…。

そうです。…ということは、だれかが打倒チュンチュンを果たしたのです。

小雀さんを超えたのは誰なのか?キングオブカレー=1位は…

curry14

キャンプで2日目まで余りがちな食材で作ったという濃厚なカレーを作った大木ハカセさんでした!さすがです。

で、僕ら焚火部は…

curry7

3位という結果でした。このメンバーで3位になれただけでもすごく嬉しいことです。

実は審査員票では1位だったんですが、一般審査員の投票が3位と伸び悩んでしまったようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(黄色いビー玉が審査員票で、青いビー玉が一般審査員票)

確かにパクチーが食べられない子供もけっこういたので、それが響いたのかな…とも思います。

でも、いつも料理を作っていて思いますが、1人の心に残ってくれればそれで成功なのです。

実は、カレー対決が終わって片づけをしている時に、横浜でお弁当屋さんをやっているという女性から話しかけられて、僕らのカレーが一番美味しかったので、レシピを教えてほしいと言われました。

お弁当屋さんのメニューにしたいとのことでした。

それって最高なことですよね。

レシピはたぶんアウトドアフリーマガジン「フィールドライフ」に載るんじゃないですかね?(笑)

curry9

いやー楽しかった。

大変なので来年は出るか分からないけど…(笑)

↓↓コメント、いいね!お願いします☆関連記事、オススメギアもチェック♪↓↓

広告336

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです

ブログの更新情報はこちらでも配信しています

赤ワインおすすめギア&ブック

ロゴス(LOGOS) BBQガンブロー

火起こしを強力にサポートしてくれるアイテムを紹介! 僕がキャンプフェスで200人分の焚火料理を

レビューを読む

SOTO いぶし処 燻製用脱水シート 4枚入り

魚がたくさん釣れたときは、一夜干しにして冷凍しておくに限ります! (特にアジ、ニジマスなど)

レビューを読む

LODGE ロジック10 1/4インチスキレット

赤ワインです。 家庭でガンガン使いたい人にオススメのダッチオーブンを紹介します。

レビューを読む

関連記事

皆で釣って皆で食べる!初心者歓迎の極上釣りツアー

赤ワインです。 美味しい魚を皆で釣って、皆で食べよう! 釣りとグルメがセットになった「美

記事を読む

薪、割ったことある?焚き火の次は薪割りだ!若洲公園キャンプ場で「薪割クラブ」開催!

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントのプロデュースなどをしています(

記事を読む

代々木公園で日本最大級のアウトドアイベント「OUTDOORDAY JAPAN」開催!

赤ワインです。 都会のオアシス代々木公園に最新のテント、クルマ、キャンプ場…などがずらりと並ぶ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告336


  • アウトドア遊び人「赤ワイン」として
    アウトドア雑誌やWEBの編集・ライター・フォトグラファー、
    アウトドアイベントのプロデュースを手掛ける。
    FMラジオのディレクターとして
    FMヨコハマのアウトドア番組「The Burn」を
    立ち上げから9年半担当し、アウトドア業界に転身。
    得意ジャンルは、釣り、キャンプ、登山、アウトドア料理。
    多目釣りで今までに240種以上を釣り上げ
    アウトドア雑誌GARVYにて「旬魚大全」連載中。

ドリップケトルの革製ハンドルカバーをオーダーメイドしたら素敵なものが出来た話

赤ワインです。 2年くらい前からずっと欲しいと思っていたドリップ

カヤックフィッシングでタイラバにチャレンジ!ついに大きな真鯛を釣ったぞ!

赤ワインです。 「あ~!おれもデカい真鯛が釣りたかった~!」と悔

全員がおそろいのテントでキャンプする?!PANDAユーザー大集合

赤ワインです。 「全員がおそろいのテントでキャンプする」というち

小網代の森で生まれて初めてのホタル観察!運よく当たり日に!

赤ワインです。 富山でホタルイカに会えなかったから…というわけで

楽しいホタルイカすくいin富山!2017年はまさかの展開に!?

赤ワインです。 毎年毎年、このシーズンを楽しみにしている「ホタル


PAGE TOP ↑