南アルプスの北岳は高山植物のお花畑でした!| 赤ワインのアウトドア日記

*

南アルプスの北岳は高山植物のお花畑でした!

公開日: : 最終更新日:2016/08/16 登山

ヤーマン!赤ワインです。

今日2016年8月11日は、初めての「山の日」ですね。

最近、釣りの話ばかり書いていましたが、たまには登山のお話も。

僕らが大好きな海もその水の最初の一滴は山からスタートします。
この山の日をきっかけに多くの人が山に足を運んで、その自然に触れてもらえれば嬉しいなと思います。

山に登ってみると、自然のことはもちろん、自分のことや仲間のことも発見がたくさんありますよ。
山を登る時には持ち物、計画の立て方、つらい時に時に出る言葉、いろいろなところにその人の本来の姿が出るし、山登りの時はいろいろと自分と向き合う機会も多くなります。

さてさて、山といえばだれもが知っている富士山。
ご存知3776メートルの日本一の標高を誇る山です。

では、日本で2番目に高い山はどの山か分かりますか?

こたえは、南アルプスの北岳(標高3193m)です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もしかしたら山好きの人か地元の人じゃないと知らないかもしれないですね。
南アルプスの白峰三山の最北にある山だから北岳なんですが、名前がちょっと地味なのもあって「そういえばなんだっけ?」ってなりがちです。

「富士山は登る山ではなく、眺める山だ」という人がいますが、富士山を眺められる一番高い場所が北岳ということになります。
個人的には北岳は富士山よりも登っていて楽しい山だと思います。
…というのも実は、先月7月に初めてThe Burn登山部で北岳に登ってきたんです。

南アルプスはマイカー規制があるので、車からバスやタクシーに乗り換えて1時間ほど行った広河原が登山口になります。
ここから山頂までの標高差は1670メートルほどあるので決して楽な登山ではありませんが、難易度の高い場所はあまりなく、山頂に近い山小屋で一泊することで比較的ゆっくり登ることができます。

僕らが北岳に登った日はあいにくの雨。

最初はポツポツ降っていたのが、だんだんと本降りになり…レインウェアの中まで雨が浸みてきてしまいました。

東京はTシャツ一枚でも暑い天気だというのに、ここ北岳には夏でも雪渓に雪が残っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雨で体温が奪われて、だんだんと体が冷えてきました。

そんな僕のためにガイドのCASIO牛山さんが貸してくれたのがエマージェンシーブランケット。
あのアルミフィルムでできたペラペラだけど体温を反射して温かいやつです。
よくエマージェンシーブランケットを肩から掛けて包まっている写真を見ますが、実は体(とくにお腹まわり)に巻きつけて使うのが正しいそうです。
体に巻き付けて登ることですぐに暖まって、無事に山小屋まで到着することができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

北岳山荘は標高2900メートル。

山頂にも近いこの北岳山荘に宿泊して、翌朝、山小屋を出て北岳山頂を目指します。

山小屋の美味しいハンバーグを食べ終わり、明日に備えて早めに寝ようと布団に入るとどうも頭が痛い。
どうやら高山病のようです。
登るときにも常に呼吸法に気を付けていたんですがやっぱりなっちゃいました。
眠りについても頭が痛くて何度も目が覚めてしまうんですよね。

それでも翌朝、出発する頃には頭痛もよくなりました。
天気の方は雨はやんだものの、風と霧がすごく、景色は全く見えません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本当なら富士山をはじめとした絶景が楽しめるはずですが、いま見えるのはただただ白い霧。

でも、景色を楽しめない分、足元の小さく可憐な高山植物に目が行き、しかも雨に濡れた高山植物はとてもキレイなのでした。

ひたすら高山植物の写真ばかり撮影してしまったのでいくつか載せておきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

北岳は、高山植物でも有名な山。最後に載せた可憐な白い花は北岳でしか見られない「キタダケソウ」です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山頂からの景色もただただ白い霧。
まさに「北岳に来ただけ…」となってしまったわけですが、今度は天気がいい時に登ってみたい!という楽しみができたのでした。

この登山の模様は、アウトドア雑誌「GARVY」の9月号に掲載されているので、詳しくはそちらでぜひご覧ください。

↓↓コメント、いいね!お願いします☆関連記事、オススメギアもチェック♪↓↓

広告336

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです

ブログの更新情報はこちらでも配信しています

赤ワインおすすめギア&ブック

ハピソン LEDライト付き防水ラジオ

赤ワインです。 釣り場でラジオ聴いてますか? 元ラジオディレクターだから言うわけではあり

レビューを読む

KINTO 2WAYカップ GY 22920

赤ワインです。 アウトドアで飲むお酒ってどうしてあんなに美味しいんでしょうか? あなたは

レビューを読む

パール金属 真空 コンビニ カップ レギュラー

赤ワインです。 鹿のマークでお馴染みのアウトドアブランド「キャプテンスタッグ」の本社ショールー

レビューを読む

関連記事

たまには楽な登山もしたい!?神秘的な森と岩の筑波山

赤ワインです。 2014年に入ってから雪山に2回登りましたが、 「たまにはもう少し楽な登山も

記事を読む

ザバーン登山部がリベンジ!標高2014mの小金沢山

赤ワインです。 2014年ラスト登山は、 標高2014mの小金沢山に登ってきました!

記事を読む

室内でも-5℃!極寒の山小屋体験記(雲取山レポ2)

赤ワインです。 記録的な大雪の影響で、本格的な雪山となった東京の最高峰「雲取山」。 FM

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告336


  • アウトドア遊び人「赤ワイン」として
    アウトドア雑誌やWEBの編集・ライター・フォトグラファー、
    アウトドアイベントのプロデュースを手掛ける。
    FMラジオのディレクターとして
    FMヨコハマのアウトドア番組「The Burn」を
    立ち上げから9年半担当し、アウトドア業界に転身。
    得意ジャンルは、釣り、キャンプ、登山、アウトドア料理。
    多目釣りで今までに240種以上を釣り上げ
    アウトドア雑誌GARVYにて「旬魚大全」連載中。

代々木公園で日本最大級のアウトドアイベント「OUTDOORDAY JAPAN」開催!

赤ワインです。 都会のオアシス代々木公園に最新のテント、クルマ、

今年も始まった!乗っ込みマダイを鯛ラバで狙う!観音崎沖シーカヤックで。

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの

今年はカヤックやSUPで水上からお花見!都心や横浜で楽しめるツアーを紹介

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの

正露丸のあの匂い…実は焚き火の匂いだった!?焚き火臭くなった上着から知った真実にビックリ。

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの

自分で割った薪で焚き火をしたり、ピザを焼いたり…「薪割クラブ」参加レポート

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの


PAGE TOP ↑