赤ワインのアウトドア日記

釣り、キャンプ、登山、カヤック…。アウトドアライター赤ワインがお届けする楽しいアウトドア情報

アウトドアにまつわるエトセトラ

自分で作れる美味しい健康茶「クマザサ茶」を作ってみた

投稿日:

赤ワインです。

アウトドアでよく見かける植物の代表格「クマザサ」。

このクマザサで、なにやら美味しくて、しかもかなり薬効が高いお茶が作れるという。

IMGP8153

これは作ってみるしかないでしょう!

クマザサとは…

クマザサは漢字で書くと「隈笹」。

冬になると、緑の葉の縁が白色にくまどられることから命名されています。

IMGP8109

ただ、笹の仲間の見分けは難しいらしく、
クマザサでも白い隈取りがない場合もあるようです。

季節を選ばず、山にたくさん生えているクマザサですが、
厳寒の冬に雪に埋もれても、その緑を保つ生命力は驚異的で、
実はとっても栄養価が高いんだそうです。

お茶にして飲むと、
血液浄化しサラサラにする効果、抗アレネギー効果、免疫機能の活性化、
ガン細胞の増殖を弱める作用などなど、いろいろな効果があるんだとか。

ちなみに見分けが難しい笹類ですが、
クマザサじゃなくても、薬効はあるようですよ。

クマザサ茶の作り方

IMGP8115

クマザサの若葉を摘みます。(若葉が一番栄養があるそうです)

摘んだ笹の葉を水洗いし、
キッチンペーパーなどで水気を拭き取るか、
ざるなどにあげて、水切りします。

IMGP8146

煎った時にムラができないように、
幅1.5cmほどに揃えてハサミなどで切って、
フライパンで中火で煎ります。

IMGP8148

笹の葉のいい香りが広がって、茶色く色づいてきたら完成。

煎り過ぎると苦みが出るので注意してください。

煎った状態でジップロックなどに密封して、
冷蔵庫に入れておけば、しばらく保存できます。

IMGP8151

煎った笹の葉を入れたフライパンに水を注ぎ、
沸騰してから5分ぐらいまで弱火で煮出します。

せっかくの栄養分が壊れてしまう可能性があるので、
くれぐれもグツグツしないようにトロトロの弱火で煮出します。

葉が開いて、色が出てきたら火を止めて、
茶こしでこして、湯飲みに注げば完成です。

IMGP8153

口の中に広がる笹の香りと、ほんのりとした甘さが意外な美味しさです。

ぜひ試してみてください。

オススメです!

広告336

広告336

発売中

-アウトドアにまつわるエトセトラ

Copyright© 赤ワインのアウトドア日記 , 2017 All Rights Reserved.