赤ワインのアウトドア日記

釣り、キャンプ、登山、カヤック…。アウトドアライター赤ワインがお届けする楽しいアウトドア情報

多目釣り(釣行記)

多摩川でニゴイとナマズの日本記録を狙う!

更新日:

赤ワインです。

釣りにも日本記録、世界記録があるのをご存知ですか?

釣りの世界記録・日本記録とは

世界中の釣り人が、対象魚ごとに重さで記録を競い合い、
その記録はIGFAという団体が管理して、世界記録の認定を行っています。

日本では、JGFAジャパンゲームフィッシュ協会
日本記録の管理や、IGFAへの世界記録の申請を行っています。

例えば、ウナギの世界記録は、0.95kg。

これは、僕の釣り友達でもある高校生アングラー西野勇馬くんが
神奈川県の大岡川水系で釣ったウナギです。

西野勇馬くんは、ウナギの他にも数々のIGFA世界記録を持つ凄腕で、
僕と一緒に釣りに行ったときに、隣で世界記録を釣ったことも何度もあります。

もしかしたら僕が釣っていたかもしれない…
と思うと「ニアミス」なわけですが、そこはやはり実力の差なのでしょう。

多摩川で日本記録を狙う!

今回は、そんな西野勇馬くんと一緒に多摩川へ、
ニゴイ、ナマズの日本記録を狙いに行きます!

…というのも、最近、勇馬くんの同級生の大石君が、
多摩川で大きなニゴイを釣り上げ、
日本記録に認定されたそうなんです。

それならば、僕も日本記録を狙わなくては!

…ということで、ニゴイ、ナマズの記録級を釣りに、
西野勇馬くんと一緒に多摩川へと向かいました。

2014年5月現在、
ニゴイの世界記録3.20kg、ナマズの日本記録は3.75kgで、
どちらも多摩川で釣れています。

IMG_20140511_142913

ポイントは、多摩川の川崎側、
二子新地から少し上流へ行った場所です。

ポイントに着いたら、日が高いうちはニゴイを狙い、
日暮れ時になったら夜行性のナマズを狙う作戦です。

釣り方は、「ブッコミ釣り」です。

このブッコミ釣りは、投げ釣りと同じような仕掛けで、
25号のジェット天秤に、丸セイゴバリの一本針、
ニゴイ狙いの日中は、エサに食パンを丸めたものを使います。

あとは川に投げ込み、竿に鈴をつけてアタリを待つだけ。

暑いので、ガリガリ君でも食べながらアタリを待ちますが…
どんどん時間が過ぎ、太陽が低くなっていくのに、
ニゴイのアタリは全くなし。

IMGP8410

結局、一度のアタリもないままに夕暮れ時となり、ナマズを狙う時間に。

多摩川のこのエリアは夜釣り禁止。

日没までの短い時間がチャンスとなります。

果たして釣れるのでしょうか?

ナマズ狙いのブッコミ釣りで…

ナマズ釣りと言うと「ジッターバグ」というルアーをよく使います。

ナマズは視力が非常に悪く、エサとなる魚の出す音や波を感じ取って捕食するので
水面をパシャパシャさせながらポコポコと音を出して誘うジッターバグが有効で、
僕も以前にこのルアーでナマズを釣っています。

が、今回はニゴイの仕掛けをそのまま使って「ぶっこみ釣り」で狙います。

エサは、釣り人がドバミミズと呼ぶ太いミミズを使いますが、
このミミズ…実は、勇馬くんが自分で採取して、自宅で飼育しているもの。

釣りのためにエサまで育てているなんて脱帽です。

そんな貴重なミミズを分けてもらい、ハリにつけたら、
あとは川に投げ込み、竿に鈴をつけてアタリを待ちます。

すると、すぐに僕の竿の鈴の音が鳴りました!

置き竿にしていた竿を持ち上げて、構え、
そっとラインのテンションをはって…
魚がついているのを感じたら、竿をあおって、アワセます。

あれ?確かに魚の反応があったのに、バレたか?

…思ったら、こんな魚が釣れました!

IMGP8398

ウグイ?マルタ?

春に産卵シーズンを迎えて、多摩川を遡上するマルタ、そしてウグイ。

婚姻色が出ていれば、すぐに判別できるのですが、
このように婚姻色が出ていない個体は判別がちょっと難しいのです。

…ということで、今、西野博士(JGFA魚種判定員)による今判定中です。

IMGP8401

重さを量ってみると…1.25kg。

2014年5月現在で、
マルタの世界記録は2.50kgで、ウグイの世界記録は1.15kg。

もしウグイなら世界記録と言うことになりますが…。

IMGP8404

君はウグイなの?それともマルタなの?どっち?

※5月14日追記※

西野博士による判定結果が出ました。

鱗の数を数えたりして判定したところ、マルタだったそうです。

世界記録のウグイではない…とのことで、世界記録、そんなに甘くないようです。

…続いて、もう1本の竿も鈴が鳴りました。

今度はかなりの重さ!!

重さはありますが、あまり走る魚ではないようなので、
やり取りは難しくありません。

慎重に少しずつ寄せてくると…

IMGP8406

なかなかいいサイズのコイでした!!

勇馬くんが計ってくれると…

IMGP8408

6.05kg。

フィッシュグリップの重さも入っているので、それを引くと5.8kgです。

僕が今まで釣った中では一番大きな鯉で、持ってみるとかなりの重さですが、
コイの世界記録は琵琶湖で釣り上げられた27.20kgということなので、
それに比べればまだまだ子供といったところでしょうか。

さぁ、まだ本命のナマズは顔を見せていませんが、日没は迫ってきています。

しばらく沈黙が続き、今日はナマズは釣れないのか…と思い始めたところに…
やっぱり勇馬くんが見せてくれました!

yuumanamazu

記録級のサイズではありませんが、ナマズをゲットです!

IMGP8414

ちなみに、勇馬くんの竿にはあと2回ほどアタリがあり、
一気に走られてラインを出されるようなアタリでした。

「コイの引き方とは違ったから…巨大ナマズ?まさか外来魚?」

その正体を確かめたい!…という思いはあったものの、
日没の時間を迎え、この日の釣りは終了しました。

今回は記録級の魚は釣れませんでしたが、
日本記録、世界記録を目標に釣りを楽しむのも面白いですよ。

ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

広告336

広告336

発売中

-多目釣り(釣行記)

Copyright© 赤ワインのアウトドア日記 , 2017 All Rights Reserved.