ザバーン登山部がリベンジ!標高2014mの小金沢山| 赤ワインのアウトドア日記

*

ザバーン登山部がリベンジ!標高2014mの小金沢山

公開日: : 登山

赤ワインです。

2014年ラスト登山は、
標高2014mの小金沢山に登ってきました!

2014_480

2014年1月にFMヨコハマのアウトドア番組「The Burn」で結成された
「ザバーン登山部」。

1年を通して日本百名山を中心に様々な山に登ってきましたが、
どうしても2014年中に登っておかなくてはいけない山が…。

それが山梨県にある小金沢山。

実は、ザバーン登山部として最初に登ったのが、
2014年に発足した登山部にちなんで、
標高2014mの小金沢山と、そのお隣の百名山:大菩薩嶺でした。

2014年2月に登ったんですが、
小金沢山は、大雪が降った後で膝まで埋まるパウダースノー。

IMGP7054

トレースが消えてしまい、登山道が分からなくなっていたことと、
深雪を進むのに必要なスノーシューなども持っていなかったので、
登頂を断念したのでした。

IMGP7060

山頂はもうすぐそこだったんですが…。

この小金沢山に2014年中にリベンジしなくては!

…ということで、暮れも押し迫る12月28日、
小金沢山に登ってきました!

ロッヂ長兵衛でマウンテン忘年会

今回の登山部メンバーは、写真左から…

IMG_9712

CASIO「PRO TREK」開発担当の牛山さん、
アウトドアブランド「Foxfire」広報の斉藤さん、
シンガーソングハイカー加賀谷はつみちゃん、
ザバーンのディレクター辰巳くん、
音岳家のOJI
ザバーンDJの井手大介
ぼく赤ワイン
そして、アウトドア総合ブランド「mont-bell」広報の設楽さんの8人。

実は、今回の山行は登山部の忘年会も兼ねています。

登山部らしく山小屋で忘年会をやろう!
…ということで、前日夜から上日川峠のロッヂ長兵衛に集まって、
薪ストーブを囲んで忘年会がスタート。

R0023142

ロッヂ長兵衛は、まるでゲレンデにあるおしゃれなログハウスのような山小屋。

IMGP0307

この日のロッヂ長兵衛は、
他のお客さんもいなくて僕らの貸し切りだったので、
1年間の登山の思い出を語り合いつつワイワイと盛り上がりました。

そして、加賀谷はつみちゃんの山小屋ライブも。

IMGP0326

一番ノリノリだったのは、ロッヂ長兵衛のご主人。

元AKB48の何某ちゃんが推しメンと言っていたご主人ですが、
今日からは、加賀谷はつみ推し!でいくそうです(笑)

IMGP0324

さらに、加賀谷はつみちゃんが
「星空の下で歌いたい曲がある」
…ということで、-10℃近い寒空の下でも曲を披露してくれました。

星空が本当に綺麗で、ぜいたくなライブとなりました。

小金沢山リベンジに向け出発!

翌朝、天候は快晴で、気温はマイナス6℃くらい。

登山部内での赤ワイン雨男説を払しょくできそうな天気です。

朝7時半ころロッヂ長兵衛を出発。

IMGP0398

前回はこのロッヂの前も雪が積もっていたのでアイゼンをつけての出発になりましたが、
今回はロッヂ周辺にはあまり雪が残っていないので、まずはアイゼンをつけずに出発です!

IMGP0333

まずはほとんど傾斜のない林道からスタート。

体を動かし始めるとあまり寒さは感じません。

ほどなく最初の難関…

IMGP0830

川渡りです。

水深はとても浅くて、せいぜいくるぶしくらい、
川幅も狭い小川ではありますが、
もし足が浸かってしまって、靴の中に浸水してしまったら、
足が冷えて凍傷になる危険性もあります。

慎重に渡っていきます。

岩の上を歩くと、岩が凍っていて滑りやすくなっているので注意が必要。

アイゼンを装着していると岩の上に乗ると危険なので、
スタートからアイゼンを装着していたはつみちゃんは一苦労…。

川を無事渡って、しばらく歩くといったん車道に出ます。

ここからは傾斜も急になって本格的な登山がスタートするので、
全員アイゼンを装着します。

IMGP0335

僕は、愛用のアイゼン「スノースパイク10」を装着。

底のやわらかい靴でも装着できるので、初心者でも使いやすいアイゼンです。

井手君が今回使っていたのは、モンベルの「チェーンスパイク」。

こちらは、ベルトを締める必要がなく、
ブーツの上から靴下を履くかのような感覚で簡単に装着ができるのが魅力の軽アイゼン。

とても軽いし、都心で大雪が降った時にも活躍しそうなアイテムです。

ここからしばらく急な登りが続くのですが…

IMGP0336

前回2月に登った時には、初めてのアイゼンということもあって、
何度も休憩しながら登りました。

が、今回はたいして休憩も取らずに、登り切りました。

毎月1度のペースで山に登っているだけでも1年の間に成長するんですね~!

この登りを過ぎれば富士山や大菩薩湖の絶景を眺めながらトラバース気味に進みます。

IMGP0345

前回に来たときにも、この景色に感動して、同じような写真を撮ったなぁ。

IMGP0342

富士山が大きく見えて、何度見ても最高の景色です!

IMGP0346

石丸峠まで来ると目指す小金沢山の山頂も近くに見えてきます。

IMGP0348

雪化粧された木がとてもキレイ。

風が吹くと、サッ~と雪が舞います。

IMGP0349

笹原をしばらく歩くと、前に来た時に昼食をとった狼平に到着。

IMGP0382

前回はこの辺りに新雪が積もっていて、
登山道が埋まってしまって道が分からず登頂を断念しました。

IMGP0353

今回はこの狼平には雪があまり積もっていないので、
この気持ちのいい笹原でおやつ休憩をしたら、さらに山頂を目指します。

IMGP0354

この先は再び林の中へと入るので、日陰になってどんどん寒くなってきます。

前回断念したときは「あと少しで山頂だったのに!」と思いましたが、
ここからが意外と長くて45分。

登山道が狭くて、そこそこ傾斜もあって、寒さもあるので、
ちょっとしんどくなってきましたが、頑張って進むと…

ついに登頂!小金沢山の山頂で…

IMGP0363

ついに!1年越しの標高2014mの山頂に到着です!!

R0023210

2014年に2014mってことで…

2014_480

こんなこともやってみたり、部活っぽくて楽しいですね!

IMGP0359

山頂からは富士山もばっちり見えてます!

近くにある大菩薩嶺が日本百名山に選ばれていますが、
山頂からの景色でいえば小金沢山が断然オススメですね!

そんな景色をバックにスペシャルなライブがスタート!

IMGP0368

まずは、加賀谷はつみちゃんがGo Ahead!

加賀谷はつみちゃんは数々の山頂でライブをやっていますが、
標高が上がるほど、空気が乾いて、ギターの音が良くなるそうです。

その分、寒いと、弦を押さえる指や冷たい空気を吸い込む肺がつらい時もあるんだとか。

そして、OJIは、意外にも山頂で歌うのは初めてという「雪山に登りたい」。

IMGP0372

この歌を最初に聞いたとき、
なんでわざわざ寒い雪山に登りたいの?
と思ったものですが、今となっては、僕も雪山に登りたいです(笑)

山食@小金沢山

山頂でライブを楽しんだら、下山開始。

IMGP0381

狼平まで下ったら、この気持ちのいい笹原でランチタイムです!

IMGP0385

みんな自分でランチの準備をしながらも、他の人のメニューが気になる様子。

僕は…

IMGP0383

今回は定番の山の棒ラーメン。

いつもは、これにチャーシューやら煮卵やらを入れるのですが…
今回は、フリーズドライの麻婆なす丼の具を載せてみます。

IMGP0386

うん。

これはアリですね。

こうやってちょっとアレンジを加えるだけで、ご飯が楽しくなります。

もうすこしゆっくりしたいところでしたが、
風が強くなって冷え込みがきつくなってきたので、
下山することにしました。

大菩薩峠を経由して下山

あとは下山するだけなんですが…
来た道をピストンするのではなく、違うルートで帰ろうということになり、
大菩薩峠まで縦走してみることに。

すると、現れたのが…

IMGP0388

このスキー場のコースのような坂…。

IMGP0389

ゆっくり登っても、脈拍がどんどん早くなって、息もはぁはぁ。

IMGP0392

ゆっくりと登る井手君とは対照的に、
走って登るモンベル設楽さんが「さすが!」って感じでした。

さらに進むと…

IMGP0850

小説で有名な大菩薩峠に到着。

ここの山小屋で一休みして、下山。

IMGP0527

下山しながらの会話はこんな感じ。

「ねぇねぇ、はつみちゃんの新しいニックネームだけどさぁ…がやさん…がやちん…がやぱん…とか、どう?」

さぁ、2015年もザバーン登山部と、がやちんの活躍にご期待ください!

↓↓コメント、いいね!お願いします☆関連記事、オススメギアもチェック♪↓↓

広告336

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです

ブログの更新情報はこちらでも配信しています

赤ワインおすすめギア&ブック

SHIMANO スペーザ ライト 180 LC-018J ブルーホワイト

僕が釣りに行くときに愛用しているクーラーボックスを紹介します! SHIMANOのクーラ

レビューを読む

Nikon ミラーレス一眼カメラ Nikon1 AW1 Nikon 1 AW1 防水ズームレンズキット

赤ワインです。 世界初の防水レンズ交換式ミラーレス一眼NIKONのAW1を買いました!

レビューを読む

パール金属 真空 コンビニ カップ レギュラー

赤ワインです。 鹿のマークでお馴染みのアウトドアブランド「キャプテンスタッグ」の本社ショールー

レビューを読む

関連記事

雪山に登りたい!第3章~マウンテンすき焼き

赤ワインです。 山の食事はカップラーメンって誰が決めたんですか? 豪華にいってもいいです

記事を読む

自然渓流デビュー!金峰山川でフライフィッシング

赤ワインです。 初めて自然渓流でフライフィッシングに挑戦しました! FMヨコハマ

記事を読む

富士山の眺望が最高!西湖畔のキャンプ場ノームから十二ヶ岳に登る!

赤ワインです。 登山もキャンプも一度に楽しみたい! ってことで、トレッキング&キャンプに行っ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告336


  • アウトドア遊び人「赤ワイン」として
    アウトドア雑誌やWEBの編集・ライター・フォトグラファー、
    アウトドアイベントのプロデュースを手掛ける。
    FMラジオのディレクターとして
    FMヨコハマのアウトドア番組「The Burn」を
    立ち上げから9年半担当し、アウトドア業界に転身。
    得意ジャンルは、釣り、キャンプ、登山、アウトドア料理。
    多目釣りで今までに240種以上を釣り上げ
    アウトドア雑誌GARVYにて「旬魚大全」連載中。

代々木公園で日本最大級のアウトドアイベント「OUTDOORDAY JAPAN」開催!

赤ワインです。 都会のオアシス代々木公園に最新のテント、クルマ、

今年も始まった!乗っ込みマダイを鯛ラバで狙う!観音崎沖シーカヤックで。

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの

今年はカヤックやSUPで水上からお花見!都心や横浜で楽しめるツアーを紹介

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの

正露丸のあの匂い…実は焚き火の匂いだった!?焚き火臭くなった上着から知った真実にビックリ。

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの

自分で割った薪で焚き火をしたり、ピザを焼いたり…「薪割クラブ」参加レポート

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの


PAGE TOP ↑