赤ワインのアウトドア日記

釣り、キャンプ、登山、カヤック…。アウトドアライター赤ワインがお届けする楽しいアウトドア情報

アウトドアイベント情報

一緒に自家製味噌を作ろう!ワークショップ開催!

投稿日:

赤ワインです。

去年、味噌作りを教えてもらって、自家製味噌の美味しさにハマり、
今年も2代目の味噌を仕込みました。

今から秋の出来上がりが楽しみです。

miso

手作り味噌の魅力

市販の味噌とは比べ物にならない美味しさの自家製味噌。

味噌汁はもちろん、お肉やお魚の味噌漬け、味噌クリームパスタ…

IMGP0222_480

どんな料理にしても美味しいのですが、
なんといっても一番の魅力は「生で食べること」。

スーパーなどで売っているお味噌は、ふつう熱処理がされていて、
酵素や微生物(麹菌・酵母菌・乳酸菌等)は死んでしまっています。

ところが自家製味噌は、微生物が生きている「生みそ」なので
しっかりと生きたまま体に取り入れることができるのです。

なので、野菜や豆腐を味噌漬けにしたり、
シンプルに味噌をご飯にのせて食べたり、
スティックサラダのディップにしたり、
生で食べるのが一番のお勧めです。

IMGP0219

味噌作りワークショップ開催!

そんな生みその味を皆にも味わってもらいたい!

そう思って、味噌作りのワークショップを開催することにしました。

先生としてお迎えするのは、
水道橋のアウトドアカフェのカウンター常連仲間で、
家族で楽しめる有機栽培市民農園「八街ふれ愛オーガニックファーム」の宮原悠さん。

このワークショップでは、
国産の大豆と、米麹を使って2kgの味噌を仕込みます。

IMGP3232

大豆を茹でるところまでは、事前に僕がやっておきますので、
当日は、大豆をお好みの粗さまで潰し、米麹、塩と混ぜ合わせます。

塩は、お好みの塩をご自身でご用意ください。

あなたが選んだお塩によって、できあがりの味も変わってきますよ。

オススメは、「赤穂の天塩」などにがり成分の入った塩です。

仕込んだ味噌は、冷暗所で寝かして11月頃から食べ頃です。

熟成期間を長く取ることでコクはどんどん深くなっていきます。

味噌作りのコツを丁寧に説明しますので、
来年からは自分で作ることも可能です。

秋の出来上がりが待てない!という方がほとんどだと思いますので、
去年、宮原先生が作った自家製味噌を使って、
豚汁&スティックサラダ味噌ディップをお出しします。

IMG_5675

自家製味噌の美味しさを味わってみてください。

味噌作りワークショップ詳細

■日時■
2015年3月1日(日)15:00~17:00

■会場■
THE FARM CAFE
京急大師線「港町駅」(京急川崎駅の隣)目の前

■対象■
基本的に大人向けですが親子での参加も可

■参加費■
3000円
味噌2キロ分の大豆・麹・容器
昨年分の手作り味噌で作る豚汁・スティックサラダ付き

■持物■
味噌に入れる塩250g(赤穂の天塩などにがり成分が入った塩がオススメ)
重石用の塩500g(普通の塩でOK)
それぞれ別々にビニール袋に入れてお持ちください。
エプロン等もあると便利です。

■お申し込み方法■
THE FARM CAFEまでお電話でお申込みください
044-223-6663

広告336

広告336

発売中

-アウトドアイベント情報

Copyright© 赤ワインのアウトドア日記 , 2017 All Rights Reserved.