赤ワインのアウトドア日記

釣り、キャンプ、登山、カヤック…。アウトドアライター赤ワインがお届けする楽しいアウトドア情報

アウトドアにまつわるエトセトラ

「発電鍋」現る!

投稿日:

赤ワインです。

現在発売中のBE-PAL最新号(2013年11月号)が、
物欲刺激しまくりで困っています。

最近、登山やトレッキングで
「ウルトラライト(UL)」が流行っています。

ウルトラライトとは、その名前の通り、
超軽量な装備で、身軽に山を登ったり、歩いたりすることで、
荷物が軽い分、体への負担が少なく、
その分、行動範囲が広くなったり、また安全性も高まる
という考え方をベースにしています。

装備は出来るだけ少なくして必要最低限のアイテムで、
しかも無駄を削った、シンプルで軽量なギアを使うことになります。

一方、同じアウトドアでもキャンプはと言うと
車に荷物を積んで宿泊地まで行くことができるので、
まだあまり「ウルトラライト」を実践している人は多くありません。
(たぶんツーリングでキャンプする人くらいかな)

ですが、最近、電車でキャンプに行くことが多くなった僕は、
「ウルトラライトキャンプ」があってもいいのではないかと思っています。

必要最低限の道具で、シンプルに楽しむキャンプ。

ザック1つに詰めるものだけで行くキャンプ。

キャンプだから○○しなきゃいけない…にとらわれないキャンプ。

荷物だけじゃなくて、心も軽くなるような気がしています。

今回のBE-PALには、
そんな僕のウルトラヘビーな物欲を刺激してくれる
わずか290gのテントとか、
人間工学に基づいて肉抜きしまくった超軽量マットどか、
新商品がたくさん載っていました。

全部揃えたら確かにウルトラライトだけど、財布もウルトラライトになっちゃう…。

そして、「おおぉ」と思ったのはこのアイテムでした。

ppv

アウトドアライターのホーボージュンさんがBE-PALで紹介している「発電鍋」です。

アメリカで話題騒然の発電鍋が日本上陸?!

今年の夏、アメリカで行われた世界最大のアウトドアギア見本市
「アウトドア・リテイラー・ショー」で、
会場を騒然とさせいていた「The Power Pot V」!

なんと、お湯を沸かすと発電するという「発電鍋」です。

最近アウトドアギアでは、発電ブームがあって、
去年は、焚火をしながら発電できる「バイオライト」が注目されました。

そして、ついに鍋が出ましたか!

これなら使うバーナーは愛用のものでOK。

アルミコッフェルの底に、発電パネルがついていて、
直接火にあぶられるパネルと、コッフェル本体の温度差によって
電圧が生じて、発電することができるそうです。

(これをゼーベック効果と言うらしい…)

まだこのアイテムを詳しく紹介しているWEBの記事なども少ないので
気になる方は、ぜひBE-PALを読んでチェックしてもらいたいと思います。

ちなみに、お値段149ドル。

広告336

広告336

発売中

-アウトドアにまつわるエトセトラ

Copyright© 赤ワインのアウトドア日記 , 2017 All Rights Reserved.