赤ワインのアウトドア日記

釣り、キャンプ、登山、カヤック…。アウトドアライター赤ワインがお届けする楽しいアウトドア情報

多目釣り(釣行記)

美味しいヤリイカの刺身が食べたい!じゃあ釣りに行こう!

投稿日:

赤ワインです。

甘くて美味しいイカのお刺身が食べたい!

…という人が僕を含め、周りにたくさんいたので、
久しぶりに皆でイカを釣りに行ってきました!

ika_yuririn

メンバーは…
4代目アングラーズアイドル晴山由梨ちゃん(写真)、
初代アングラーズアイドルAicaちゃん、
FMヨコハマのアウトドア番組「The Burn」のDJ井手大介&スタッフ、
川崎の港町駅前にあるカフェ「THE FARM CAFE」の山本店長。

お世話になった船宿は…

IMGP8017

横須賀市長井港の儀兵衛丸(ぎへえまる)です。

儀兵衛丸は、過去に2回ほど乗せて頂いたことがありますが、
イカ釣り担当のヤスベーマン船長が、
面白くて優しい方なので、お気に入りの船宿の1つです。

朝、船宿に着いて、壁に貼られた昨日の釣果情報を見てみると…

IMGP8016

0~6杯!?

僕が前回来た時には20杯以上釣れましたし、
1ヶ月ほど前には一人で80杯釣った方もいたそうですが、
ここのところは、かなり厳しい状況が続いているようです。

この厳しい状況の中で、果たして、イカは釣れるのか!?

IMGP8010

朝7時に出航すると…
目の前には、真っ白な富士山がどどーんと大きく見えます。

富士山、海、朝日…
こんな自然の中に身を置くことで、
心が洗われる感じがします。

例えイカが釣れなくても、遊びに来た甲斐があるなぁ…
いやいやいや…そんなことを考えてはいけない!絶対釣って帰ります!

ヤリイカ・スルメイカ釣りとは…

今回の狙いは、ヤリイカとスルメイカ。

水深100~150mほどのポイントに
プラヅノと言われるプラスチック製のルアーがついた仕掛けを沈めて、
竿を上下に動かすことで、プラズノを弱った魚のように見せかけてイカを乗せます。

imgp1884

魚がハリにかかることを「食う」などと言いますが、
イカがハリにかかる場合は「乗る」といいます。

IMGP8012

右舷側に7人横並びで釣りスタートです。

さっそく仕掛けを投入して、竿を上下に動かして誘いをかけます。

…が、なかなか反応がない!

イカがよく釣れる状況を、「ノリノリ」なんて言ったりもしますが、
今回の状況はノリノリからはほど遠い状況。

いったいイカはどこにいってしまったの?!

そんな状況の中でも上手い人はやっぱり釣れるもので、
上手いお客さんが釣れたスルメイカをくれまして、
さっそく船上でヤスベーマン船長がさばいてくれました。

ikasashi

歯ごたえも甘みもあって美味しい!

この味を自分で釣ったイカで楽しみたい!

厳しい状況の中で自分との戦い

イカは、魚と違って明確な「引き」があるわけではないので、
イカが乗ったかどうかが分かりにくいという難しさがあります。

竿を上下に動かすときの重さや、竿先の動きをよく見て、
いつもと違う動きをしたり、ちょっと重かったりしたら、
「イカが乗った」と分かるのですが、
1杯も釣れないと、その感覚がつかめないのです。

しかも、海底まで素早く沈めるためのオモリの重さ(450g)と、
竿と電動リールの重さで、
竿を上下に動かして誘いをかけるたびに、腕がパンパンになってきます。

もはや筋トレです。

プロテイン持ってくれば良かった…。

釣れればそんなことも忘れて熱中できるんですが、
なかなか釣れないと「本当に釣れるんだろうか?」と
ハートが弱ってきてしまいます。

儀兵衛丸のヤスベーマン船長が言っていましたが、
厳しい状況で釣れる人は、1に「腕がいいこと」、2に「ハートが強いこと」。

腕は良くないので、ハートでカバーしようと、腕を動かし続けましたが…。

釣果は…

僕の釣果は、この通り…

IMGP8014

0杯でした…。

竿頭は…

IMGP8015

ヤリイカ5杯、スルメイカ1杯で合計6杯でした。

僕らの仲間7人では、2杯が1人、1杯が3人、0杯が3人という結果。

giheemaru

最後に、ヤスベーマン船長と記念撮影。

(袋に入れた)イカを持っているのが釣れた人たち、
キャベツを持っている3人が釣れなかった人たちです。

はい、僕もキャベツ組です。

儀兵衛丸の女将さんが、朝収穫した春キャベツを分けてくれたんです。

今夜はイカソーメンをたくさん食べちゃうつもりでしたが…
キャベツのフルコースに変わりそう…。

…なんて思っていたら、
Aicaちゃんが皆で釣れたイカをお店に持って行って、
一緒に食べよう!と誘ってくれまして…

IMGP8018_1

Aicaちゃんの行きつけのお店で、
貴重なイカを皆で分け合って頂きました!

やっぱり釣りたてのヤリイカは美味しいですね!!

不思議なもので、たくさん釣れたときよりも釣りは釣れなかった時の方が、
またすぐに行きたくなっちゃうんですよね。

今度必ずリベンジして、
「どうしよう?こんなに釣れちゃって…」というくらい釣りたいと思います!

広告336

広告336

発売中

-多目釣り(釣行記)

Copyright© 赤ワインのアウトドア日記 , 2017 All Rights Reserved.