赤ワインのアウトドア日記

釣り、キャンプ、登山、カヤック…。アウトドアライター赤ワインがお届けする楽しいアウトドア情報

いただき鱒!

蒲焼よりも美味い!「ニジマスの唐揚げ~蒲焼タレ~」

投稿日:

赤ワインです。

ニジマスを愛してやまない「いただき鱒!」ファンの皆様、
大変長らくお待たせしました!!

僕が、としまえんフィッシングエリア(TFA)のブログで連載中の企画「いただき鱒!」を更新しました!

今シーズンも「塩焼き以外のニジマスの美味しい食べ方」を求めて、
いろいろな料理にチャレンジしつつ、
美味しかった料理のレシピを紹介していきます。

久しぶりの「いただき鱒!」なので
実は、前々から作ろうと思ってあたためていたメニューがあるのです。

それは、「ニジマスの蒲焼」。

あの醤油ベースの甘辛いタレで香ばしく焼けば、
どんな魚だって美味しくなるに違いない!

そう思って作ってみたとところ…

IMGP0293_480

見た目はとても美味しそう。

食べてみると…
むむむ。まずくはないんだけど…。
ニジマスの身がサッパリ系過ぎて物足りない…。

考えてみれば、
蒲焼にするのは、うなぎとかサンマとか脂がのった魚が多いので、
淡白なニジマスには向かないのか?

待てよ!

脂がのってないなら、油を足せばいいんじゃないか?

…ってことで、考えたのがこのメニュー。

「ニジマスの唐揚げ~蒲焼タレ~」

IMGP0296_480

作り方です。

TFAで釣ったニジマスは、
ウロコと内臓を取り、塩でもみ洗いをしてヌメリをとり、
血合いを歯ブラシなどで取り除いて持ち帰ります。

持ち帰ったニジマスを3枚におろして、
適当な大きさに切ったら水気をふき取っておきます。

ビニール袋などに、小麦粉・片栗粉を同量入れ、
ニジマスの切り身を入れてよく振ります。

余計な粉をしっかり振り落としておくと美味しく揚がりますよ。

180度の油で、きつね色になるまで揚げます。

IMGP0294_480

揚げあがったらすぐに
市販のうなぎの蒲焼のたれにサッと通して完成です。

IMGP0295_480

あまりタレに漬けすぎると、サクサク感がなくなり、味も濃くなるので注意。

IMGP0296_480

これがサクサク、ジュワ~っと美味しくて、ご飯が進むんです。

実はこのメニュー、
みやざわこフィッシングエリアで釣ったワカサギで作ると
「激ウマ」です。

IMGP0254_480

ぜひワカサギでもチャレンジしてみてください。

寒くなってきたので、風邪をひかないように
防寒対策をしっかりして釣りを楽しんでいきましょう!

そうそう、お正月1月4日(日)には、としまえんフィッシングエリアで
僕のワークショップを開催予定します!

1970354_10204661789565768_8033976905703310553_n

親子で一緒にオリジナル大漁旗を作るイベントです。

10614008_10204656041062059_1086044392_n

時間のある方は、ワークショップの後、
僕と一緒に釣りをして、大漁旗を掲げちゃいましょう!

詳しくはこちらをご覧ください!

広告336

広告336

発売中

-いただき鱒!

Copyright© 赤ワインのアウトドア日記 , 2017 All Rights Reserved.