多摩川産テナガエビでトムヤンクンを作ってみた| 赤ワインのアウトドア日記

*

多摩川産テナガエビでトムヤンクンを作ってみた

公開日: : 多目釣り(釣行記)

赤ワインです。

7月18日、この日は海の日でしたが、海には行かず、いつもの多摩川へ!
テナガエビを釣りに行ってきました!

今回はテナガエビ釣り初挑戦の親子に楽しんでもらうのが、1つめの目標。

そして、もう1つの目標は釣ったテナガエビでトムヤンクンを作ることです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なぜトムヤンクンなのか?…ですが、あまり深い理由はないです(笑)

テナガエビの定番料理の素揚げは間違いなく美味しいのですが、たまには違う料理も食べたい!
そう思って100均でたまたま見つけたトムヤンクンの素を買っておいたのですが、賞味期限が迫っていたのです。

初チャレンジの小学生に竿頭を譲る

午後3時頃、いつもの六郷橋のポイントで釣りはじめます。

今回、テナガエビ釣りにチャレンジするのは、僕のイベントをきっかけにとしまえんフィッシングエリアで釣りにハマったという小学6先生の女の子とそのお母さん。

一通りテナガエビの釣り方の説明を終えて、釣りを始めると女の子にいきなりのヒット!彼女の笑顔を見て、とりあえず今日の目標の1つはクリアできました。

ただ、この日は日差しが強すぎたのかヒットが続かず、続いても2匹まで。なかなか釣果が伸びません。夕方には雲がさして時合いがやってきたかと思いきや、フィーバーは一瞬で終わってしまいました。

最初はエサの赤虫を怖がって自分でハリにつけられなかった女の子も、後半はちゃんと自分でつけられるようになり、自分でポイントを見つけながら、あれよあれよと10匹ほど釣って…なんと竿頭に!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

としまえんフィッシングエリアに行っても、娘さんの方がたくさんニジマスを釣るそうで、釣りのセンスありそうです。

ウェイクボードの引き波をかぶったり、浮遊する草木などが仕掛けに絡まったりと、釣りにくい状況だったのにこれだけ釣ったのは立派です。

立派ですとか偉そうなことを言っている僕ですが、釣果はなんとたったの4匹(と、マハゼ2匹)。

決して接待釣りをしていたわけでも、手取り足取り教えていて自分の釣りをする暇がなかったわけでもなく…普通に釣りで負けました。

最後はなんとか追いつこうと2本竿で頑張ったんですけどね…彼女に弟子入りしようかな(笑)

テナガエビでトムヤンクン

さて、釣ったテナガエビを持ち帰って、タイの酸っぱくて辛いスープ「トムヤンクン」を作るのが2つめの目標。

今回は、100均で買って眠ったままになっていたトムヤンクンの素(有頭エビを入れて5分煮るだけで完成)を使って作ります。

まず泥抜きしたテナガエビを綺麗な水で優しく洗い、料理酒に入れて締めます。

頭と胴を切り離して入れるとミソがスープに溶け出して美味しいと書いてあるのですが、どうもお酒で気絶させただけでまだ生きているテナガエビを切るのが気が進まず…そのまま入れることに。

エビをスープに入れて、ひと煮立ち。沸騰したところで、追加の野菜を加え、野菜に火が通ったら完成。パクチーをのせていただきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トムヤンクンと言えばエビの濃厚なスープが特徴ですが、正直なところ100均のトムヤンクンスープが辛すぎて、エビの旨みを感じるどころではありません!!

テナガエビにはなんの罪もないのですが、テナガエビの旨みがスープに出ているのかは全く分かりません。

ただ、テナガエビはスープにいれても殻ごとポリポリと食べられて美味しいのは間違いないです。

次からはテナガエビが釣れたら、やっぱり素揚げかな(笑)

↓↓コメント、いいね!お願いします☆関連記事、オススメギアもチェック♪↓↓

広告336

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです

ブログの更新情報はこちらでも配信しています

赤ワインおすすめギア&ブック

リーダーになりたければ海へ行け

赤ワインです。 結婚していたり、恋人がいる釣り人なら、 一度は言われたことがありますよね?

レビューを読む

パール金属 真空 コンビニ カップ レギュラー

赤ワインです。 鹿のマークでお馴染みのアウトドアブランド「キャプテンスタッグ」の本社ショールー

レビューを読む

倒れてもこぼれない一輪挿し BOTTLY TOP bijou

赤ワインです。 僕がキャンプに持って行くといつも皆に「なにそれ?」と聞かれるオススメアイテムを

レビューを読む

関連記事

自然渓流デビュー!金峰山川でフライフィッシング

赤ワインです。 初めて自然渓流でフライフィッシングに挑戦しました! FMヨコハマ

記事を読む

アニメ顔の高級魚アマダイ

赤ワインです。 アマダイっていう魚を知っていますか? 関東だと、釣り人にしか馴染みがない

記事を読む

2016年初釣りは松原湖の長湖で氷上ワカサギ釣り!

赤ワインです。 2016年の初釣りは、冬の風物詩「氷上ワカサギ釣り」でした。 氷上ワ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告336


  • アウトドア遊び人「赤ワイン」として
    アウトドア雑誌やWEBの編集・ライター・フォトグラファー、
    アウトドアイベントのプロデュースを手掛ける。
    FMラジオのディレクターとして
    FMヨコハマのアウトドア番組「The Burn」を
    立ち上げから9年半担当し、アウトドア業界に転身。
    得意ジャンルは、釣り、キャンプ、登山、アウトドア料理。
    多目釣りで今までに240種以上を釣り上げ
    アウトドア雑誌GARVYにて「旬魚大全」連載中。

代々木公園で日本最大級のアウトドアイベント「OUTDOORDAY JAPAN」開催!

赤ワインです。 都会のオアシス代々木公園に最新のテント、クルマ、

今年も始まった!乗っ込みマダイを鯛ラバで狙う!観音崎沖シーカヤックで。

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの

今年はカヤックやSUPで水上からお花見!都心や横浜で楽しめるツアーを紹介

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの

正露丸のあの匂い…実は焚き火の匂いだった!?焚き火臭くなった上着から知った真実にビックリ。

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの

自分で割った薪で焚き火をしたり、ピザを焼いたり…「薪割クラブ」参加レポート

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの


PAGE TOP ↑