赤ワインのアウトドア日記

釣り、キャンプ、登山、カヤック…。アウトドアライター赤ワインがお届けする楽しいアウトドア情報

多目釣り(釣行記)

多摩川産テナガエビでトムヤンクンを作ってみた

投稿日:

赤ワインです。

7月18日、この日は海の日でしたが、海には行かず、いつもの多摩川へ!
テナガエビを釣りに行ってきました!

今回はテナガエビ釣り初挑戦の親子に楽しんでもらうのが、1つめの目標。

そして、もう1つの目標は釣ったテナガエビでトムヤンクンを作ることです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なぜトムヤンクンなのか?…ですが、あまり深い理由はないです(笑)

テナガエビの定番料理の素揚げは間違いなく美味しいのですが、たまには違う料理も食べたい!
そう思って100均でたまたま見つけたトムヤンクンの素を買っておいたのですが、賞味期限が迫っていたのです。

初チャレンジの小学生に竿頭を譲る

午後3時頃、いつもの六郷橋のポイントで釣りはじめます。

今回、テナガエビ釣りにチャレンジするのは、僕のイベントをきっかけにとしまえんフィッシングエリアで釣りにハマったという小学6先生の女の子とそのお母さん。

一通りテナガエビの釣り方の説明を終えて、釣りを始めると女の子にいきなりのヒット!彼女の笑顔を見て、とりあえず今日の目標の1つはクリアできました。

ただ、この日は日差しが強すぎたのかヒットが続かず、続いても2匹まで。なかなか釣果が伸びません。夕方には雲がさして時合いがやってきたかと思いきや、フィーバーは一瞬で終わってしまいました。

最初はエサの赤虫を怖がって自分でハリにつけられなかった女の子も、後半はちゃんと自分でつけられるようになり、自分でポイントを見つけながら、あれよあれよと10匹ほど釣って…なんと竿頭に!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

としまえんフィッシングエリアに行っても、娘さんの方がたくさんニジマスを釣るそうで、釣りのセンスありそうです。

ウェイクボードの引き波をかぶったり、浮遊する草木などが仕掛けに絡まったりと、釣りにくい状況だったのにこれだけ釣ったのは立派です。

立派ですとか偉そうなことを言っている僕ですが、釣果はなんとたったの4匹(と、マハゼ2匹)。

決して接待釣りをしていたわけでも、手取り足取り教えていて自分の釣りをする暇がなかったわけでもなく…普通に釣りで負けました。

最後はなんとか追いつこうと2本竿で頑張ったんですけどね…彼女に弟子入りしようかな(笑)

テナガエビでトムヤンクン

さて、釣ったテナガエビを持ち帰って、タイの酸っぱくて辛いスープ「トムヤンクン」を作るのが2つめの目標。

今回は、100均で買って眠ったままになっていたトムヤンクンの素(有頭エビを入れて5分煮るだけで完成)を使って作ります。

まず泥抜きしたテナガエビを綺麗な水で優しく洗い、料理酒に入れて締めます。

頭と胴を切り離して入れるとミソがスープに溶け出して美味しいと書いてあるのですが、どうもお酒で気絶させただけでまだ生きているテナガエビを切るのが気が進まず…そのまま入れることに。

エビをスープに入れて、ひと煮立ち。沸騰したところで、追加の野菜を加え、野菜に火が通ったら完成。パクチーをのせていただきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トムヤンクンと言えばエビの濃厚なスープが特徴ですが、正直なところ100均のトムヤンクンスープが辛すぎて、エビの旨みを感じるどころではありません!!

テナガエビにはなんの罪もないのですが、テナガエビの旨みがスープに出ているのかは全く分かりません。

ただ、テナガエビはスープにいれても殻ごとポリポリと食べられて美味しいのは間違いないです。

次からはテナガエビが釣れたら、やっぱり素揚げかな(笑)

広告336

広告336

発売中

-多目釣り(釣行記)

Copyright© 赤ワインのアウトドア日記 , 2017 All Rights Reserved.