赤ワインのアウトドア日記

釣り、キャンプ、登山、カヤック…。アウトドアライター赤ワインがお届けする楽しいアウトドア情報

ダッチオーブンレシピ

牡蠣のダッチオーブン料理いろいろ

更新日:

赤ワインです。

今日も「赤ワインのアウトドア日記」を
ご覧いただきありがとうございます。

ブログ読者の皆さんがどんなワードで検索して
このブログにたどり着いたのかが
Googleのアクセス解析でチェックできるんですが、
最近一番多いキーワードは、「深海バスターズ」。

深海に挑む夢とロマンの釣りに皆さん興味があるんでしょう。

そして、その次に多い検索キーワードが、
「牡蠣 ダッチオーブン」

牡蠣を使ったダッチオーブンレシピを探している人が多いようなので、
今回は、あらためて牡蠣のダッチオーブンレシピを3つご紹介します!

殻つき蒸し牡蠣

SANYO DIGITAL CAMERA

殻つきの牡蠣が手に入った場合はこれがオススメ。

ダッチオーブンに1cmほど塩を敷き詰めて、
殻付きの牡蠣を平らな面を上にして置き、フタをします。

強火でダッチオーブンをあたため、
ある程度あたたまったら中火にし、7~8分。

磯の香りが立ち込め、牡蠣の殻が開いたら完成です!

SANYO DIGITAL CAMERA

牡蠣の昆布蒸し

むき身の牡蠣の場合はこちら。

加熱用の牡蠣1パックを海水と同じ濃度の塩水で洗います。

水を湿らしたキッチンペーパーで軽くふいた昆布を
ダッチオーブンに敷き、その上に牡蠣を並べ、酒を少しふりかけます。

IMGP6599

蓋をして弱火で10分ほど。

中までしっかり火が通れば完成です。

IMGP6604

スダチを絞って食べると美味しいですよ。

牡蠣のコンフィ

牡蠣がたくさんある場合は、長期保存できるこちら。

加熱調理用のカキを、
海水と同じくらいの濃度の食塩水で洗い、

キッチンペーパーなどでしっかり水気をとります。

ダッチオーブンに、
牡蠣、つぶしたニンニク1片、鷹の爪、
ハーブ(ローズマリー、ローリエ、タイムなど)を入れ、
オリーブオイルをひたひたまで入れます。

味付けに塩を少しだけ(小さじ1程度)入れます。

IMGP6175

料理用の温度計がある場合は、
ダッチオーブンを中弱火にかけ、
80℃になったら、ごく弱火にして80℃をキープします。

温度計がない場合は、
ダッチオーブンを中弱火にかけ、
オリーブオイルから泡が出てきたら、ごく弱火にして
泡が出ないギリギリの火加減をキープします。

これで20分まてば完成。

imgp3853

常温まで冷やして、牡蠣がオイルに浸るように
オイルごと容器に入れて冷蔵庫に入れておけば、
2週間ほど保存が可能。

冷蔵庫に入れるとオイルが固まりますが、
常温に出すともとにもどります。

また、オイルには牡蠣の旨みが出ていますので、
牡蠣を食べ終わった後に、パスタなどに使ってください。

広告336

広告336

発売中

-ダッチオーブンレシピ

Copyright© 赤ワインのアウトドア日記 , 2017 All Rights Reserved.