たまには楽な登山もしたい!?神秘的な森と岩の筑波山| 赤ワインのアウトドア日記

*

たまには楽な登山もしたい!?神秘的な森と岩の筑波山

公開日: : 最終更新日:2014/05/08 登山

赤ワインです。

2014年に入ってから雪山に2回登りましたが、
「たまにはもう少し楽な登山もしたいよね!」ってことで、
筑波山に登ってきました!

IMG_20140421_125122

今回も一緒に登ったのは、
FMヨコハマのアウトドア番組「The Burn」の
メンバーが中心になって結成された「ザバーン登山部」のメンバー。

IMGP0319

登山部部長のOJIが欠席ということで、
部長代理のシンガーソングハイカー加賀谷はつみちゃん、
ザバーンDJ井手大介、ディレクター辰巳、
ガールズアウトドアニット「mijinco」のこいしゆうかちゃん、
そして、ぼく赤ワインです。

ちなみに、このブログ記事は、
赤ワインが登山レポートとして個人的な感想を書いているものです。

これを読んで「登ってみたい!」と思っていただけたら非常に嬉しいですが、
登山のガイドを目的としている記事ではありませんので、
実際に登る際には、ガイドブックや山小屋等で情報を調べてから登って下さいね。

一番低い百名山「筑波山」

筑波山は、都心から近い茨城県つくば市にあって、
西側の男体山と東側の女体山からなる標高877mの山。

「西の富士、東の筑波」と富士山と並び称される山ですが、
日本百名山の中では一番標高が低く、
比較的気軽に登山が楽しめる山としても有名です。

ケーブルカーやロープウェイもあって、
これで山頂付近まで登ることもできるので、
体力に自信がない方や、初心者にもオススメ。

…とはいえ、日本百名山に選ばれているだけあって、
関東平野や富士山を一望するロケーションの良さ、
豊かな自然、登りごたえなどは間違いない山です。

IMGP8161

主なルートとしては…

筑波山神社から男体山頂を目指す「御幸ヶ原コース」

ほぼケーブルカー沿いに登り、
上りと下りの2台のケーブルカーがすれ違う様子や
男女川(みなのがわ)最上流の地点など貴重なシーンに遭遇することができます。

標高差があって比較的険しいコースなので、
本格的な登山のトレーニングのために登る人も多いそうです。

筑波山神社から女体山頂へと向かう「白雲橋コース」

筑波山の豊かな自然や、巨岩、奇岩など、
筑波山の魅力を一気に満喫できるコースです。

今回は、部長代理の加賀谷はつみちゃんが
「白雲橋コース」を選んでくれました。

登山口の筑波山神社へ!

4月21日(月)小雨降る朝、「つくば駅」に集合したメンバー。

IMGP8155

秋葉原からつくばエクスプレスの快速に乗って、
終点のつくば駅まで45分、
そこからバスで約30分行った「筑波山神社入口」が登山口となります。

いつもは混み合うというバスも
平日で小雨が降っているということでガラガラでした。

IMGP0316

筑波山大鳥居(朱塗りの大鳥居)が目印です。

まず、登山の前にこの筑波山神社の立派さにビックリ。

IMGP0319

よし!記念撮影だ!と、近くにいたオジサンに撮影をお願いしたところ、
「プロだからまかせとけ!」と撮影してくれた一枚…。

僕らの足が写らなくなっても、神社だけはしっかり撮影しようとしているような…
さすがプロ!いや、それだけ神社に魅力があるんです。

IMGP8164

神社にはさざれ石も飾ってあります。

さざれ石は、もともとは「小さな石」という意味で、
長い年月をかけて小石が固まって1つの大きな岩の塊に変化したもの。

君が代の歌詞にある「さざれ石」は細かい石・小石の意味で、
その小石が巌(いわお)となって、さらにその上に苔が生えるまで、
つまり「非常に長い年月」を表しています。

岐阜県揖斐川町春日には、
君が代の由来となったといわれるさざれ石があるそうですが、
この筑波山神社のさざれ石も、巨木のように歴史を感じさせるものがあります。

白雲橋コース、スタート!

筑波山神社の脇道を通り、白雲橋コースのスタート地点へ。

IMGP8168

この先の神聖な世界を予感させる鳥居をくぐって、
山に足を踏み入れると、いきなり深い森の中へ。

IMGP8174

この日はあいにくの小雨模様ですが、
ガスがかかった森はとても幻想的で、
木々が雨から僕らを守ってくれます。

IMGP8171

最初は木の階段が続き、その後は石の階段、
さらには岩がゴロゴロとした急斜面と変わっていきます。

IMGP8178

足元が雨で滑りやすくなっているので、慎重に足を進めます。

雨だったので防寒を気にしていたのですが、
階段続きですぐ息が上がって、体が熱くなり、
汗と湿度で体が蒸してきて、オーバーヒート気味。

IMGP0331

体重の軽い女子チームはすいすいと進みますが…

IMGP0330

男子チームの赤ワイン&井手くんは、足取りが重くなります。

IMGP8173

杉などの大木が多く、自然のパワーや神聖な雰囲気を感じ、
ところどころ足を止めながら進んでいきます。

IMGP8179

木と会話をしようと耳を近づける井手くん。

そして、顔が苔だらけに…。

IMGP8175

コースの途中にある「白蛇弁天」。

ここに白蛇が住むと言われ、白蛇を見たものは財を成すと言われています。

必死で探す井手くんと僕ですが…財とは縁遠いようです…。

1時間ほど歩いてコースも半分を超えると、弁慶茶屋跡(休憩所)に到着。

IMGP8183

茶屋跡ということで、晴れていれば見晴らしがよさそうですが…この通り。

何も見えません。

ここまで来ると、樹林帯を抜けて徐々に視界が開けてきて、
巨岩、奇岩が次々と現れるエリアへと変わっていきます。

IMGP8184

次々と現れる巨岩、奇岩

まるでスーパーマリオ?遊園地のアトラクション?
次から次へと現れる面白い岩の数々…。

その一部を紹介します。

まずは…

IMG_20140421_120855

ディレクター辰巳もビックリな「弁慶七戻り(べんけいななもどり)」。

今にも落ちてきそうな大きな岩に、あの弁慶が7回も戻ってしまったと伝わっています。

(辰巳は一度も戻りませんでした)

IMGP8190

「母の胎内くぐり」は、小さな岩が大きな岩を支えていて、
その隙間を通ると、生まれた姿に立ち返るそうです。

ザックを背負っていると、ちょっと通りにくいのですが、
みんなで通って「おぎゃー!」と大きな赤ちゃんになりました。

IMGP8192

大きな岩に幾筋かの溝がある「国割り石(くにわりいし)」。

太古の昔、集まった神々がこの石の上に線を引いて、
それぞれの行くべき地方を割りふったと言われています。

井手大介によるイメージは、交通整理?!

はい、アナタはあちらの国で~す!

このように1つ1つの岩にストーリーがあって、登っていて飽きることがありません。

そして、いろいろな岩を楽しみながら歩いていると…
あっという間に女体山山頂(877m)に到着!

IMGP0374

肝心な時に肝心なところに水滴がついている辰巳カメラ…おいっ!笑

スタートから約1時間45分で、ほぼコースタイム通りでした。

前半の階段、岩場は息が上がりなかなかつらかったですが、
登り切ってしまうと、少し物足りない印象。

それでも、巨木が多く神聖さを感じる森、次々と現れる巨岩・奇岩など、
飽きることのないコースはさすが百名山でした!

小雨が降りガスっていたので、残念ながら山頂からの眺望はゼロでしたが、
晴れていればバッチリ景色も楽しめそうです。

さて、この後は、さらに男体山の山頂を目指します!

IMGP8200

次回のレポートをお楽しみに!

↓↓コメント、いいね!お願いします☆関連記事、オススメギアもチェック♪↓↓

広告336

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです

ブログの更新情報はこちらでも配信しています

赤ワインおすすめギア&ブック

THERMOS 真空断熱湯呑み 200ml あずき

赤ワインです。 冬の寒い時期のキャンプでは、 焚火と温かい飲み物が手放せませんね! 夜

レビューを読む

すごいバーベキューのはじめかた (ヨシモトブックス)

赤ワインです。 テレビや雑誌で大活躍のBBQ芸人「たけだバーベキュー」さんの新著を紹介します。

レビューを読む

LODGE ロジック10 1/4インチスキレット

赤ワインです。 家庭でガンガン使いたい人にオススメのダッチオーブンを紹介します。

レビューを読む

関連記事

室内でも-5℃!極寒の山小屋体験記(雲取山レポ2)

赤ワインです。 記録的な大雪の影響で、本格的な雪山となった東京の最高峰「雲取山」。 FM

記事を読む

雪山に登りたい!第3章~マウンテンすき焼き

赤ワインです。 山の食事はカップラーメンって誰が決めたんですか? 豪華にいってもいいです

記事を読む

日本のヨセミテ「廻り目平キャンプ場」でアウトドア三昧!

赤ワインです。 「日本のヨセミテ」と言われる廻り目平キャンプ場に宿泊して、 金峰山に登ってき

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告336


  • アウトドア遊び人「赤ワイン」として
    アウトドア雑誌やWEBの編集・ライター・フォトグラファー、
    アウトドアイベントのプロデュースを手掛ける。
    FMラジオのディレクターとして
    FMヨコハマのアウトドア番組「The Burn」を
    立ち上げから9年半担当し、アウトドア業界に転身。
    得意ジャンルは、釣り、キャンプ、登山、アウトドア料理。
    多目釣りで今までに240種以上を釣り上げ
    アウトドア雑誌GARVYにて「旬魚大全」連載中。

ドリップケトルの革製ハンドルカバーをオーダーメイドしたら素敵なものが出来た話

赤ワインです。 2年くらい前からずっと欲しいと思っていたドリップ

カヤックフィッシングでタイラバにチャレンジ!ついに大きな真鯛を釣ったぞ!

赤ワインです。 「あ~!おれもデカい真鯛が釣りたかった~!」と悔

全員がおそろいのテントでキャンプする?!PANDAユーザー大集合

赤ワインです。 「全員がおそろいのテントでキャンプする」というち

小網代の森で生まれて初めてのホタル観察!運よく当たり日に!

赤ワインです。 富山でホタルイカに会えなかったから…というわけで

楽しいホタルイカすくいin富山!2017年はまさかの展開に!?

赤ワインです。 毎年毎年、このシーズンを楽しみにしている「ホタル


PAGE TOP ↑