女体から男体へ!さすが百名山「筑波山」は見どころ満載!| 赤ワインのアウトドア日記

*

女体から男体へ!さすが百名山「筑波山」は見どころ満載!

公開日: : 最終更新日:2014/05/08 登山

赤ワインです。

「たまにはもう少し楽な登山もしたいよね!」ってことで、
日本百名山で最も低い山筑波山に登ってきました。

IMGP6388

筑波山は、都心から近い茨城県つくば市にあって、
西側の男体山と東側の女体山からなる標高877mの山。

まずは、登山口の筑波山神社から「白雲橋コース」で1時間45分。

筑波山の豊かな自然や、巨岩、奇岩など、
筑波山の魅力を満喫しながら、女体山の山頂へと到着しました。

(※詳しくは前回のレポートを)

ここからさらに男体山の山頂を目指します。

IMGP8200

ザバーン登山部3回目の登山

小雨が降る4月21日(月)。

FMヨコハマのアウトドア番組「The Burn」の
メンバーが中心になって結成された「ザバーン登山部」の3回目の登山です。

IMGP0319

登山部部長のOJIが欠席ということで、
部長代理のシンガーソングハイカー加賀谷はつみちゃん、
ザバーンDJ井手大介、ディレクター辰巳、
ガールズアウトドアニット「mijinco」のこいしゆうかちゃん、
そして、ぼく赤ワインです。

前回は、美味しい行動食を全員に配ってくれた加賀谷はつみちゃん。

今回は…

IMGP8231

3回目の登山なので、そろそろ上級者についていくだけでなく、
自分で地図も見るようにしましょうね!ということで、
全員に「地図」を配ってくれました。

しかも、必要な部分だけをカラーコピーして、
雨に濡れないようにジップロックに入れてくれています。

さすが、歌って登れるシンガーソングハイカーです。

どこまでも着いていきます!いや、ちゃんと地図を見ながら、はい。

目指すは男体山山頂

この地図によれば、僕らがいる女体山山頂から男体山山頂までは
コースタイムで30分。

すぐに着きそうですが、途中岩場もあるようなので、
濡れた岩で滑らないように気をつけながら向かいます。

IMGP6371

歩き始めて最初に出会ったのは、
男体山と女体山の間にあるセキレイ石です。

男体山にはイザナギノミコトが、
女体山にはイザナミノミコトが祀られていますが、
日本書紀によると、
イザナギとイザナミが夫婦になろうとした時に交合の仕方が分からず、
鶺鴒(せきれい)が現れて、
頭と尻を振る動作を見て交合の仕方を知ったとあります。

(※セキレイという鳥は、長い尾を上下に振る習性がある)

何しろ初めてだったので、セキレイに教わったわけですが、
そのセキレイが降り立ったという言い伝えをもつのがこの石。

カタクリの花が見ごろ

IMGP8203

続いて見えてきたのは、カタクリの里。

実は、今回、僕はカタクリの花を見るのを楽しみに来ました。

katakuri

(※写真はイメージです)

カタクリは、ユリ科の植物で、
薄紫色の花を先端に1つ下向きに咲かせる、可憐な花です。

発芽から花が咲くまでは7~8年かかります。

もともと料理で使う片栗粉は、
カタクリの根茎(こんけい)からとれるデンプンを使っていたそうですが、
精製量がごくわずかであるため、
ご存じのとおり近年では馬鈴薯などから抽出したデンプン粉が用いられているそうです。

看板によると見ごろは3月下旬から4月下旬。

この日は4月21日なのでまだ見られそうですが…
実は、カタクリの花は、
日中に花に日が当たると、花びらが開いて反り返るんですが、
日差しがない日は終日花を閉じたままなんだそうです。

IMGP8198

今日は小雨…開いているところは見られませんでした。

男体山山頂へ

カタクリの里を過ぎると…

IMGP8207

ケーブルカーの乗り場の前が広場になっていて、
ガスっていてほとんど見えませんが、トイレや売店などが並んでいます。

ここまで来ればもう男体山の山頂はすぐそこ。

ってことは、ケーブルカーでほぼ山頂まで来れちゃうんですね。

IMGP8210

最後は、ちょっと岩場を登るのですが、滑らないように注意が必要です。

IMGP8212

そして…山頂に到着しました!

IMGP6388

もちろん皆で記念撮影。

僕らの他に誰も登山者がいなかったので、セルフタイマーで撮影です。

そこでガールズアウトドアユニット「mijinco」のこいしゆうかちゃんが、
やってくれました!!

IMGP6386ide

こら!こいっち!標識にかぶってる!!

…ということで、撮り直し。

IMGP6387

こら!こいっち!手が赤ワインにかぶってる!!

…もう撮り直しはナシ…。

ちなみに、男体山には、山頂付近をグルリと周遊する「自然探究路」があって、
ブナ林をはじめ、豊かな筑波山の自然を観察できるんですが…

なんと、大規模な岩石の崩落が発生したため、
2014年4月21日現在、自然研究路の周回はできないとのこと。

二次災害の危険もあるとのことで今回はあきらめました。

…というわけで、山頂から下山。

この後は、ケーブルカーの駅前広間場で降りて、楽しい昼食タイムです。

ザバーン登山部、みんなのこだわりの昼食は次回のレポートで!

↓↓コメント、いいね!お願いします☆関連記事、オススメギアもチェック♪↓↓

広告336

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです

ブログの更新情報はこちらでも配信しています

赤ワインおすすめギア&ブック

RICOH 防水デジタルカメラ RICOH WG-4GPS

アウトドアには必ず持っていく一番の相棒は、 PENTAXの防水コンパクトデジカメ「WG2」です。

レビューを読む

ロゴス(LOGOS) BBQガンブロー

火起こしを強力にサポートしてくれるアイテムを紹介! 僕がキャンプフェスで200人分の焚火料理を

レビューを読む

LODGE ロジック10 1/4インチスキレット

赤ワインです。 家庭でガンガン使いたい人にオススメのダッチオーブンを紹介します。

レビューを読む

関連記事

高山植物&アスレチック登山「朝日岳」(那須岳レポ第3弾)

赤ワインです。 日本百名山「那須岳」の朝日岳で、 高山植物の魅力にハマりました!

記事を読む

雪山に登りたい!第2章~日本百名山「大菩薩嶺」山頂へ!

赤ワインです。 今日(2/8)、都心部は大雪の予報ですが、 そんな時はアイゼンがあれば大丈夫

記事を読む

たまには楽な登山もしたい!?神秘的な森と岩の筑波山

赤ワインです。 2014年に入ってから雪山に2回登りましたが、 「たまにはもう少し楽な登山も

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告336


  • アウトドア遊び人「赤ワイン」として
    アウトドア雑誌やWEBの編集・ライター・フォトグラファー、
    アウトドアイベントのプロデュースを手掛ける。
    FMラジオのディレクターとして
    FMヨコハマのアウトドア番組「The Burn」を
    立ち上げから9年半担当し、アウトドア業界に転身。
    得意ジャンルは、釣り、キャンプ、登山、アウトドア料理。
    多目釣りで今までに240種以上を釣り上げ
    アウトドア雑誌GARVYにて「旬魚大全」連載中。

代々木公園で日本最大級のアウトドアイベント「OUTDOORDAY JAPAN」開催!

赤ワインです。 都会のオアシス代々木公園に最新のテント、クルマ、

今年も始まった!乗っ込みマダイを鯛ラバで狙う!観音崎沖シーカヤックで。

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの

今年はカヤックやSUPで水上からお花見!都心や横浜で楽しめるツアーを紹介

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの

正露丸のあの匂い…実は焚き火の匂いだった!?焚き火臭くなった上着から知った真実にビックリ。

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの

自分で割った薪で焚き火をしたり、ピザを焼いたり…「薪割クラブ」参加レポート

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの


PAGE TOP ↑