赤ワインのアウトドア日記

釣り、キャンプ、登山、カヤック…。アウトドアライター赤ワインがお届けする楽しいアウトドア情報

レコメンド(アウトドアギア&ブック)

コット派キャンパーにも嬉しい!ワンポールテント「パンダ」にTCデビュー

更新日:

最近PANDAテント率が高い赤ワインです。

テンマクデザイン(tent-mark)から、女子キャンプこいしゆうかさんプロデュースのワンポールテント「PANDA」に、TCバージョンが登場するというアナウンスがありました!

★TC=コットンとポリエステルの混紡素材だから、火の粉を気にせずに焚火を楽しめる。

★女子キャンパー向けのイメージがあったPANDAに男性が使いやすい色が登場。

…というのが一般的な見方かもしれません。

ですが!僕的には、「コットが楽々入るパンダ登場」と言いたい!

ササッと簡単に建てられて、設営時に雨が降っていてもインナーが濡れないのが好きでパンダテントを愛用しています。

ですが、このテントに一つ不満があるとすれば、大きさ。

インナーテントにコットは入るものの、Helinoxのライトコットなど一部の小型コットしか入らず、入れるのにもコツがいるところ。

しかもコットを入れてしまうと、インナーの圧迫感が結構あるんです。

(マットで寝れば全く問題ないんですが、腰痛持ちでコットじゃないと腰が痛いのです…)

これがパンダTCでは解消されそうです。

PANDA TCのスペック

今までのPANDAとPANDA TCのスペックを比べてみましょう。(PANDA⇒PANDA TC)

総重量(ペグ、収納ケース含む)2.19kg⇒5.44kg

フライ 240×240×150(H)⇒270×270×170(H)cm

インナー220×100×135(H)⇒250×115×155(H)cm

耐水圧(インナーボトム) 1,500mm⇒1,500mm

TCになって重さが2倍以上なので、電車・徒歩キャンパーにはつらいところですが、広くなったのは嬉しいですね。

このサイズアップにともなって、今までインナーに入れるのにコツが必要だったコットも楽々入りそうです。

しかも、今まではインナーテント内にライトコットを入れると、荷物を置くスペースは全くなかったのですが、TCなら少しゆとりがあるので、コットを置いてもある程度の荷物は置けそうです。

もう前室にイスを置いて、その上に荷物を置く必要はないかも。 これ、嬉しいです。

また、TCでベージュなのでムササビやタトンカなどのTCタープとの相性も良さそうですね。

うん、これは買いかも。

広告336

広告336

発売中

-レコメンド(アウトドアギア&ブック)
-, , , , , ,

Copyright© 赤ワインのアウトドア日記 , 2017 All Rights Reserved.