キンメダイ爆釣に笑顔と涙?!「深海バスターズ3」レポート| 赤ワインのアウトドア日記

*

キンメダイ爆釣に笑顔と涙?!「深海バスターズ3」レポート

公開日: : 最終更新日:2014/02/17 多目釣り(釣行記), 深海バスターズ

赤ワインです。

ロマンあふれる深海バスターズのレポート第3弾です!

DSCN9977

プロジェクトZ~深海への挑戦者たち

FMヨコハマのアウトドア番組「ザバーン」の企画で、
「100目釣り」、「200目釣り」にチャレンジするうちに
「もっとたくさんの魚と出会いたい!」と思うようになった僕とDJ井手大介。

「プロジェクトZ~深海への挑戦者たち」略して「深海バスターズ」は、
そんな僕たちが、小網代の船宿「丸十丸」小菅船長の協力のもと、
まだ釣り人があまり手を出していない「東京海底谷」(深さ500m以上)で、
ミツクリザメ(ゴブリンシャーク)などの深海サメ、古代魚やレアな魚を狙って、
ロマンあふれる釣りをしよう!という企画です。

東京海底谷の場所や、使用する道具など、
詳しくは、第1回第2回の深海バスターズレポートをご覧ください。

200目達成企画に?!

「冬は、風が強く出航できない日が多い」
…という小菅船長の言葉の通り、
深海バスターズは、12月12日、19日と2回連続で出航中止になり、
年の暮れも迫った12月26日に、
ようやく3回目の出航ができることになりました。

年末が迫った来たということは…
そう、ザバーンDJ井手大介の「200目チャレンジ」の期限が目前ということ。

井手くんは、この時点で、197種類の魚を釣り、200目まであと3目。

もともと200目チャレンジの一環として
「もっとたくさんの魚と出会いたい!」
という思いからスタートした 「深海バスターズ」なので、
今回の釣行で3種類の魚を釣って、200目達成したいところです。

そこで小菅船長が立てた作戦は、
未知のエリア「東京海底谷」に挑む前に、
午前中に深場根魚のポイントとしてメジャーな「沖の瀬」で、
最近好調なキンメダイなどを狙い、
3目追加して、200目達成したところで、
その勢いで本格的に深海を攻めに行こう!というもの。

果たして第3回深海バスターズで200目達成できるのでしょうか?!

深海バスターズで200目達成か!?

12月26日(木)、小雨がパラつく小網代湾を出発し、
3度目の深海バスターズへと行ってきました!

IMGP6547

今回のメンバーは、小菅船長のもと、
釣り人は、ザバーンDJ井手大介と僕、
ザバーンの新ディレクター辰巳くん、
小菅船長の娘さんで現役高校生の釣りタレント小菅綾香ちゃん、
丸十丸の常連さんで頼りになる釣り人のサカイさん、
そして、一般参加してくれたザバーンリスナーの小山さん。

今回は、冷凍のサバを自分でさばいて、
エサになる切り身を用意します。

IMGP6537

ナイフで、サバの背中からお腹にかけて短冊状に切り込みを入れ、
皮に少しだけ身を付けた状態で剥いでいきます。

切り取った細長いサバ皮の端にハリをチョン掛けにして、
エサがヒラヒラと漂うようにするとキンメダイに好アピールです。

エサの準備もできたところで、船を走らせること50分。

ポイントの「沖の瀬」に到着。

300m近く仕掛けを沈めると…

IMGP6542

200目達成が期待される井手くんにいきなりのヒット!

前回の深海バスターズでも釣れたユメカサゴ3点掛けか?!と思ったら、
1匹だけ目が飛び出しているし、少し模様が違う?!

調べてみたら「カタボシアカメバル」のようです。

このカタボシアカメバルは、
最近までウケグチメバルと同種とされていたそうで、
2004年に新種として登録されたばかりの魚。

やはりまだまだ深海には新種がいるかもしれませんね!

カタボシアカメバルで1目追加して、
残り2目となったところで、少しポイントを変えてみると…

RSCN9995

キンメダイのフィーバータイムがスタート!

さすが綾香ちゃん、キンメを3点掛けです!!

そして、アウトドア番組「ザバーン」の新ディレクターとなる前は、
ほとんど釣りをやったことがなかった辰巳ディレクター。

DSCN9973

今回は、小菅船長の「粋な計らい?!」で、
皆が電動リールの中、ひとり手巻きリールで参戦。

狙うポイントが100mを超える釣りでは、
手巻きリールでは疲れてしまうため、
ほとんどの釣り人が電動リールを使います。

が、今回、辰巳くんは、300m以上を何回も手巻きで巻き上げます。

300mを1回巻き上げるだけでも大変なのに、
それを何度も繰り返すとなると
もはや右手だけひたすら筋トレ状態。

「大丈夫?腕パンパンでしょう?」と聞いてみたら、
ランニングが趣味でフルマラソンも走ったことがある辰巳君、
こんなことを答えてくれました。

マラソンも一歩は小さいけど、
その一歩一歩が42.195kmになると思って走るので
手巻きリールも、一巻き一巻きが300mになると思って頑張りました!
とのこと。

その頑張りもあって…

DSCN9981

見事キンメダイをゲット!

魚の持ち方が素人くさいですが…まぁ、それは良しとしましょう。

 

DSCN9980

そして、井手くんにも199目めとなるキンメダイがヒット!

ついに200目にリーチがかかりました。

もちろん僕も…

IMGP6546

225目めとなるキンメダイを釣り上げました。

この後、お魚判定をしてくれている西野博士が、
キンメダイには、よく似た種類で、
ナンヨウキンメフウセンキンメがいることを教えてくれました。

…が、時すでに遅し。

既に食べてしまった後だったので、
判定の手掛かりはこの写真だけ。

果たしてこの写真だけで判定できるのか?

IMGP6549

他にも、この日はメダイがよく釣れていたので、
井手くんがメダイを釣れば200目達成です。

200目まであと1目とリーチがかかってから、
アタリがあるたびに、
「これで200目達成だ!長い道のりだった…」
と思ったという井手くんですが、
なぜか釣れるのはキンメダイなど既に釣った魚ばかり。

その後も、狙いを100m位の深さに変えたり…と、
小菅船長がいろいろチャレンジしてくれたのですが、
結局あと1目が釣ること叶わず…
200目達成は持ち越しとなってしまいました。

…ということで、今回は、東京海底谷に仕掛けを落とすことはできず、
深海バスターズとしては、「番外編」となってしまいましたが、
もちろんこれでは終わりませんよ!!

来年も、さらにパワーアップして再び深海へと挑む予定です。

一緒に深海に挑みたい!という方は、丸十丸までお問い合わせを!

DSCN9993

↓↓コメント、いいね!お願いします☆関連記事、オススメギアもチェック♪↓↓

広告336

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです

ブログの更新情報はこちらでも配信しています

赤ワインおすすめギア&ブック

ロゴス(LOGOS) ハイパー氷点下クーラーXL

僕が愛用しているクーラーボックスは、 ロゴスの最強ソフトクーラー「ハイパー氷点下クーラーXL」。

レビューを読む

SHIMANO スペーザ ライト 180 LC-018J ブルーホワイト

僕が釣りに行くときに愛用しているクーラーボックスを紹介します! SHIMANOのクーラ

レビューを読む

倒れてもこぼれない一輪挿し BOTTLY TOP bijou

赤ワインです。 僕がキャンプに持って行くといつも皆に「なにそれ?」と聞かれるオススメアイテムを

レビューを読む

関連記事

「The Burn 爆朝カップ2016」にゲストアングラーとして参加!

赤ワインです。 人生で人に自慢できることと言ったら250種類以上の魚を釣ったことだけなマルチア

記事を読む

海釣り公園で大物とバトル!「ドチザメ釣り@本牧」

赤ワインです。 1mを超えるサメが、身近な海釣り公園で釣れちゃうんです! 強烈な引きとと

記事を読む

5月4日、多摩川テナガエビ釣り最新情報だよ!

赤ワインです。 2014年、多摩川のテナガエビシーズンはいつ本格スタートするのか? 今日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告336


  • アウトドア遊び人「赤ワイン」として
    アウトドア雑誌やWEBの編集・ライター・フォトグラファー、
    アウトドアイベントのプロデュースを手掛ける。
    FMラジオのディレクターとして
    FMヨコハマのアウトドア番組「The Burn」を
    立ち上げから9年半担当し、アウトドア業界に転身。
    得意ジャンルは、釣り、キャンプ、登山、アウトドア料理。
    多目釣りで今までに240種以上を釣り上げ
    アウトドア雑誌GARVYにて「旬魚大全」連載中。

代々木公園で日本最大級のアウトドアイベント「OUTDOORDAY JAPAN」開催!

赤ワインです。 都会のオアシス代々木公園に最新のテント、クルマ、

今年も始まった!乗っ込みマダイを鯛ラバで狙う!観音崎沖シーカヤックで。

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの

今年はカヤックやSUPで水上からお花見!都心や横浜で楽しめるツアーを紹介

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの

正露丸のあの匂い…実は焚き火の匂いだった!?焚き火臭くなった上着から知った真実にビックリ。

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの

自分で割った薪で焚き火をしたり、ピザを焼いたり…「薪割クラブ」参加レポート

赤ワインです。 アウトドアを中心に雑誌・WEBの執筆、イベントの


PAGE TOP ↑