赤ワインのアウトドア日記

釣り、キャンプ、登山、カヤック…。アウトドアライター赤ワインがお届けする楽しいアウトドア情報

アウトドアレポート ダッチオーブンレシピ

Mt.富士ヒルクライム前夜のBBQパーティー!

投稿日:

赤ワインです。

富士山5合目まで、スバルラインを自転車で登るレース
Mt.富士ヒルクライム」に行ってきました!

IMGP8704

…と言っても、出場したわけではありません。

毎年、FMヨコハマのアウトドア番組「The Burn」の企画で、
DJの井手大介と、スタッフ、リスナー代表が参加していて、
過去には僕も出場したことがあります。

今回は、この企画の応援&サポート役として参加させてもらいました。

Mt.富士ヒルクライムとは…

富士山のふもと:北麓公園から富士山5合目まで、
富士スバルラインを通って距離にして24km、
標高差にして1255mを自転車で登る日本最大級のヒルクライムレース。

コースは、こんな感じ

トップは約1時間でゴールします。

平均勾配は5.2%、最大でも7.8%なので、
ヒルクライムとしては比較的勾配は緩やかなコースで、
完走率も95%を超えています。

…なんですが、僕にはかなりキツかった…。

ただ、林間を走っていて、突然絶景が見えてくる場所があったり、
また登るにつれて景色がどんどん変わってきて、最後は雪が残っていたり…
そういった景色を味わう楽しみと、走った後の充実感はとてもあるレースです。

毎年参加者も増えていて今年は6500人がエントリーしたこの大会。

自転車レースの中では、参加者数も出展メーカーもかなり多くて、
年に一度のお祭りというイメージ。

僕らザバーンチームも前日に会場入りして、エントリーを済ませ…

IMG_6470

会場から近く、毎年このレースの時に泊っているキャンプ場「PICA富士吉田」へ。

IMGP8737

このキャンプ場は、水洗トイレやお風呂などの設備が整った高規格キャンプ場で、
ログコテージなどもとてもキレイなので、特にキャンプ初心者にオススメ。

なんと僕らが泊った時には、ダッチオーブンのレンタルが無料だったので、
ダッチオーブン料理にもぜひチャレンジしてもらいたいですね。

(レシピはこちらを参考に)

IMGP8738

赤ワインシェフのBBQ料理

さて、今回、僕の一番大事な仕事は、
ヒルクライムレースに出場する皆さんのご飯を作ることです。

毎年レース前日はキャンプ場に宿泊するので、
夜は必然的にBBQパーティーになりますよね。

そうすると、まぁ当然、お肉を食べすぎたり、お酒を飲みすぎたりしますよね。

そうなると寝ている間にしっかり休めず、
翌朝もお腹がパンパンに膨れて、レースで十分なパフォーマンスが発揮できません。

そこで、今年こそは、ちゃんとレースに備えられる食事を!ということで、
僕がBBQパーティーの食事をプロデュースしました。

IMG_6495

ザバーンADのO2君に火起こしなどを手伝ってもらいつつ…
乾杯のための前菜を準備。

家で漬けてきた「長ネギの醤油漬け」

IMGP8761

長ネギをお湯でさっと煮て、
水50cc、醤油50cc、お酢40cc、味醂10cc、
砂糖大さじ2、塩少々に漬けるだけです。

そして、ザバーンDJの井手くんがポテト好きなので、
アンチョビとバターを利かせて食欲をそそる「アンチョビポテト」を用意。

IMG_6497_1

作り方は、こちらで紹介しました。

前菜ができあがったところで乾杯です!!

IMG_6498

料理しつつもしっかり飲みにも参加ができるように、
料理は簡単にできるものにするのがポイント。

例えば、この料理。

IMG_6499

「鶏もも肉のロースト~サルサソース」

鶏もも肉にハーブソルトをふって少しおき、
アツアツに熱したスキレットで皮目をパリパリに焼き、
お肉を裏返して、フタをして中弱火で10分弱。

お肉に火が通れば完成。

缶詰や瓶詰のサルサソースをかけていただくと、
とてもサッパリ食べられて、胃もたれしません。

ダッチオーブンならお肉もフワッと仕上がります。

ほぼ手はかからないので、皆と会話を楽しみながら作れちゃいます。

ヒルクライムレースは持久レース。

お肉よりもしっかり炭水化物をとった方がいいので、ここからは炭水化物。

まずは「簡単カレーピザ」です。

IMG_6500

普通のトマトソースピザもいいのですが、
この後のパスタと味がかぶらないように、
またスパイスによる消化促進効果を期待してカレーピザです。

市販のピザ生地に、レトルトのカレードリア用カレーソースを塗ります。

さらにピザチーズを乗せ、
自然解凍した冷凍野菜ミックスやシーフードミックスを乗せ、
スキレットに入れ、フタをして、
下は弱火、上は炭を強火でのせて5分ほどで完成!

続いては、パスタ。

IMG_6501

茹でるのに時間がかからない生麺を用意。

ソースはあらかじめ家で作っておいた「自家製トマトソース」を使って、
「アスパラとベーコンの生パスタ~自家製トマトソース~」です。

細かい作り方は省略させていただきますが、
自家製トマトソースの作り方はこちらをご覧ください。

以上のメニューは全てダッチオーブン(主にスキレット)を使って作れますので、
良かったら作ってみてください!

10423413_641984552544528_120514717_n

さて、BBQパーティーでお肉とお酒を控えて、
赤ワイン特製料理でのぞんだザバーンチーム。

無事完走できたんですが、気になるタイムの方はどうだったのか?

ザバーンのブログや放送でチェックしてくださいね!

広告336

広告336

発売中

-アウトドアレポート, ダッチオーブンレシピ

Copyright© 赤ワインのアウトドア日記 , 2017 All Rights Reserved.